スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦乙女スヴィア vol.03 絶望の輪姦

戦乙女スヴィア vol.03 絶望の輪姦
iku-su3.gif(2008)

ストーリー・スヴィアとシグルドは、かつて守護した街へと連れて行かれた。民衆の前へ引き出された2人は、裏切り者と罵られ、皆から輪姦されてしまうのだった・・・・


 ・シリーズの3巻目で、2008年の暮れに発売されました。
 2巻目までは、ヴァルキリーたちが敵軍の城に幽閉され、そこで魔物たちから陵辱、調教されるという展開でしたが、本巻では舞台を屋外に移し、明るい陽光の下で濡れ場が繰り広げられます。
 スタジオ撮りから一転ロケに出てみました!という感じですが、こうして巻ごとにメリハリを付けようという演出の積極性は悪くないと思います。
 エロシーンとしては、
 (1)スヴィアが夢幻状態で触手陵辱される。
 (2)スヴィアが肉体をコントロールする指輪をはめられ、民衆の見ている前でオナらされる。
 (3)スヴィア、媚薬でチンコビンビンの兵士たちにイラマチオさせられる。
 (4)シグルドとスヴィア、欲情を抑えきれない状態にされ、民衆らにセックスをおねだり、大乱交。
 という流れになっています。
 (2)は一見MCネタのように見えますがそうではなく、スヴィアの意識は正常なのに、行動や言葉が魔法で制御されているという設定になっています。
 シグルドはクリトリスを肥大改造されていて、それがチンコのように作画されているので、ちょっとフタナリネタのような味わいがあります。
 この2人がのべつに「オ○ンコキモチイイ!」「オチンポちょうだい!」と大騒ぎしながら乱れまくるので、痴女モノ、淫語モノが好きな方にはアピールが強いのではないかと感じました。
 逆に言うと、そういうモノが苦手な向きはマイナス評価をしたくなるのではと思われます。
 オイラなんかはまさに痴女も淫語もダメですし、また衆人環視、輪姦というシチュも苦手なので、個人的に本巻にはノレませんでした。
 3巻の「抜ける度」は2弱としますが、上で書いたようにオイラ個人の嗜好に大きく与りますので、淫語、痴女モノ好きの方は3点以上に感じるのではと思います。(彩雲11型)

コスプレ露出研究会 2日目

コスプレ露出研究会 2日目
kosu-ro2.jpg(2011)

ストーリー・コスプレ会場での露出プレイで異常な興奮を覚えた綾は、翌日もそのイベントに参加した。すると撮影をする男たちの要求は次々エスカレートして・・・・


 ・シリーズの2巻目であり完結編で、1巻目同様2011年にホワイトベアーレーベルから発売されました。約20分という尺の短さも1巻と同じです。
 内容的には1巻の続き・・・というよりも、1巻のクライマックスをやや過激に反復したような造りになっています。
 つまり1巻ではせいぜいブッカケで終わっていた濡れ場が、2巻では本番もガンガンいって、ついでにアナルもズボズボしちゃってアーE気持ちという感じです。
 文芸的には1巻で終わっているものを水増ししてリメイクしただけという印象はぬぐえませんが、短い尺にエロシーンだけを目一杯詰め込んであるため、そこそこ飽きずに見終えることが出来ます。
 底なしのアホだけど健気で憎めないヒロインのキャラも、1巻同様コメディの主人公として上手くはまっています。
 作画が1巻よりやや向上したように見えることも良いと思いました。淫語関係が大幅にパワーアップしていることも、お好きな向きには良いでしょう。
 「抜ける度」は2とします。(彩雲11型)

雪夜一夜物語 第三夜 「愛辱の花嫁」

雪夜一夜物語 第三夜 「愛辱の花嫁」
yuki3.gif(2005)

ストーリー・ある武家に、美しい姫・千代が輿入れした。殿様は千代を溺愛するが、やがてサディスティックな性癖を顕わにし始めて・・・・


 ・schoolzoneレーベルによるシリーズの3作目で、2005年に発売されました。
 シリーズはこれで完結のようですが、当初から三部作の予定だったのか、あるいはセールスの関係で終了となったのかは分かりません。ちなみにこの第3巻だけは少し尺が長く、約20分間あります。
 内容については、殿様が美しい妻を寵愛するも、根がドSなのでついつい変態プレイに興じてしまい、耐えられなくなった奥さんはイケメンの家臣と出奔、殿様は悲嘆にくれるというだけのオハナシです。
 前2巻と比してヒネリが弱く、文芸的にはややグレードダウンしているように感じました。それを語る側室の思惑を色々と想像させたりするようにすれば、もっと面白くなったように思うのですが・・・
 エロとしては三部作中最も濃くて、変態オヤジが貞淑な奥さんを苛めまくる様を堪能できます。泣いて拒む人妻を責めていくようなノリがお好きな人なら、まずまず楽しめるのではないでしょうか。
 「抜ける度」は2。
 ちなみに作画も本巻が最も良いように感じました。(彩雲11型)

聖ヤリマン学園援交日記 THE ANIMATION

聖ヤリマン学園援交日記 THE ANIMATION
s-yari.jpg(2013)

ストーリー・妻と離婚し、空しい気持ちで夜の盛り場を徘徊する初老のオヤジ・・・。しかし人生観を変えてしまうような出会いが彼を待ち受けていたのだ!


 ・2013年にピンパイさんから発売された作品です。
 原作はPCゲームだそうで、アニメ版は人気アニメーターの西川貴史氏が監督も演出も作画監督も全て大車輪で手がけておられます。
 内容的には爆乳系のハレム妄想物ですが、主人公が初老のオッサンで、モノスゴイ巨根の持ち主というのが独自色と言えましょう。
 彼は別にヘンタイでも強姦魔でもないのですが、妻に捨てられてヤサグレかけていたところに女子高生との援交セックスを経験し、そうかオレ様は全くのダメ人間でもなかったんだスゴイイチモツとセクロスの超テクを持ってたんだよーしガンガン若い娘とヤリまくって回春すっぞ~!と暴れ始める・・・というシノプシスになっています。
 とても分かりやすいですし、犯罪色のないほのぼのした展開なので、見ていて疲れない、イヤな気持ちにならないのは良いと思います(まあ若い男の子の視聴者は感情移入がしにくいかもしれませんが)。
 一方で、特段ドラスチックなドラマがあるわけではないですが、気合いの入った濡れ場がビシバシ続くのでそこそこ飽きさせません。
 作画も良く、お乳のプルプルタプタプブルンブルンする様子、ヴァギナ付近がヒクヒク痙攣したり収縮したり様子が大迫力で描かれるため、あ~気持ちが良さそうだなとつい引き込まれてしまいます。
 こういう愛のこもったセックス描写は、エロアニメにとって最も大事な要素でありましょう。
 「抜ける度」は3。
 巨乳の好きな人、ギャルっぽいJKが苦手でない人であれば問題なく楽しめると思います。(彩雲11型)

カスタム隷奴 ~小夜子の章~

カスタム隷奴 ~小夜子の章~
kasta.jpg(2001)

ストーリー・睦月小夜子は代議士を父に持つお嬢様だ。名門有栖川学園に通う彼女は、ある日若き理事長・高橋によって囚われの身になってしまう。そして残酷な性調教が彼女を苛み・・・・


 ・2001年にミントハウスさんから発売された作品で、原作としてPCゲームがあるらしいです。
 シリーズではなく単巻作品となっていますが、「小夜子の章」とサブタイが付けられているあたり、セールスによっては続巻が企画されていたのかもしれません。
 オハナシ的には非常にオーソドックスな陵辱調教モノで、野心横溢な若造が、出世の糸口として女子高生を調教し、権力者たちに貢ぐというだけのものです。
 エロだからストーリーがステレオタイプなのは構いませんが、濡れ場に何のヒネリもないのはちょっと気になりました。
 単巻25分という尺の都合もありましょうが、ヒロインの小夜子ちゃんは捕まって調教されるとすぐに降参モードで、高貴な者が堕ちていくという嗜虐エロの面白さが全くありません。
 別に監禁されっぱなしというわけでもなく自宅へも帰されるのに、何でこの娘は唯々諾々と調教されてるんだろうかとアホらしくなってしまいます。
 ビジュアルも弱く、作画そのものは丁寧なのに、どうも古くさく垢抜けないイメージです。これは作画が韓国丸投げらしいことも原因かもしれません。
 「抜ける度」は2。
 マジメに作られてはいるけれど、ただそれだけの凡庸な作品という印象です。
 ちなみにヒロインのCVは可愛くて儚げで悪くないと思います。(彩雲11型)
一応カウンタ
プロフィール

彩雲11型

Author:彩雲11型
2000年から創作系同人エロサイトを主宰とかしてるダメすぎるオッサン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。