FC2ブログ

戦乙女スヴィア vol.02 快楽の罠

戦乙女スヴィア vol.02 快楽の罠
iku-su2.gif(2008)

ストーリー・ロキの奸計により、スヴィアとシグルドも冥府軍の捕虜となってしまった。スヴィアは散々に陵辱され、シグルドも淫らな肉体改造を施されてしまうが・・・・


 ・シリーズの二巻目で、2008年半ばに発売されました。
 本巻ではドラマ的に大きな動きは無く、2人のヒロインが陵辱される様が延々映されます。
 故に見ていてストーリーに引き込まれるということはないですが、濡れ場がずっと続くわけですから、一巻目より実用的であるとは言えましょう。
 そのエロの内容としては、
 (1)スヴィアがブタ兵士たちに散々輪姦される。
 (2)シグルドが小人のような魔物たちにオッパイを吸われて悶絶。
 (3)スヴィアがロキにイラマチオさせられて発情。しかし本番はナシ。
 (4)シグルドが触手のある魔物や魚のような魔物に犯される。さらにクリトリスや膣を肉体改造されてしまう。
 という流れになっています。
 スヴィアは輪姦されてから、ロキの優しげな調教によって籠絡されかけます。つまり精神的に堕とされていく感じです。
 一方のシグルドは、触手や媚薬によってとにかく乱暴に責め抜かれ、身体そのものを変えられてしまう、フィジカルに徹した濡れ場となっています。
 せっかく2人のヒロインが出ているのですから、こうした演出の差別化はとても良いと思いました。
 難点としては、一巻でも述べましたように、ゴツゴツと劇画調の作画であることでしょう。
 凄腕の女剣士だからアスリート体型なのが正解とも言えましょうが、個人的に、どうも見ていてエロっぽさを欠く印象を覚えました。
 「戦乙女ヴァルキリー2」のキャラはカワイイしムチムチでしたが、だからといって戦士に見えなかったということはなく、本作でももう少しカワイイ系に振った方がセールス的にも有利だったのではと感じます。まあオイラの個人的な嗜好ではありますが。
 二巻の「抜ける度」は、一巻よりちょっと上げて2.5とします。(彩雲11型)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一応カウンタ
プロフィール

彩雲11型

Author:彩雲11型
2000年から創作系同人エロサイトを主宰とかしてるダメすぎるオッサン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR