FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦乙女スヴィア vol.01 二人のヴァルキリー

戦乙女スヴィア vol.01 二人のヴァルキリー
iku-su1.gif(2007)

ストーリー・神族と冥府族の長き戦いが続く世界・・・。ロキ神の裏切りによって神族は総崩れとなり、主神オーディンまでもが捕虜となってしまった。彼が最後の望みを託す戦乙女シグルドとスヴィアは、この窮地を逆転できるのか?


 ・ゲーム原作長編シリーズの一巻目で、2007年末にpixyレーベルから発売されました。
 タイトルから分かる通りヴァルキリーものであり、ブタ魔人たちが戦乙女を陵辱調教するという、このジャンルの定番的内容になっています。
 ヒロインたる戦乙女が2人いて、1人は大柄で肉感的、もう1人は小柄でロリっぽい等、シリーズ独自の味付けも見られますが、ヴァルキリーものには大抵3人くらいのヒロインが出ますから(メインヒロイン、年増ヒロイン、ロリヒロイン)、取り立てて目新しい演出とも言えないでしょう。
 この一巻目はプロローグとしての性格を強く持っており、尺の半分ほどを使って世界観や登場キャラの説明が行われます。
 非常に丁寧で堅実な演出と言えますが、濡れ場のみを最初からガンガンぶつけてくる実用一点張り(笑)の作品が主流となっている昨今では、少々スローテンポだという印象を抱く視聴者も多いと思われます。
 エロとしては、
 (1)フレイアが敵の奴隷にされてアヘアヘビッチ状態。
 (2)シグルドが触手陵辱され、媚薬で母乳噴出状態にされる。
 (3)スヴィアがロキによって処女貫通陵辱。
 と3つの見せ場があります。
 どれもそこそこ濃厚で、尺の割には充実している印象があります。キャラの描き分けも悪くないです。
 ただ些か劇画調に振られた作画は、ただでさえゴツゴツした女戦士をよりマッチョなイメージに見せており、コケティッシュさという点ではマイナスかもしれません。
 一巻の「抜ける度」は2とします。(彩雲11型)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一応カウンタ
プロフィール

彩雲11型

Author:彩雲11型
2000年から創作系同人エロサイトを主宰とかしてるダメすぎるオッサン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。