エルフの双子姫 ウィランとアルスラ 第一話「恥辱の処女調教」

エルフの双子姫 ウィランとアルスラ
第一話「恥辱の処女調教」

elf-f.gif(2009)

ストーリー・アルスラとウィランは双子の美少女であり、エルフの王族だ。ハーフエルフのダーシュラスはその2人を誘拐し、惨たらしいセックス調教を施し始める・・・・


 ・2009年にこっとんどーるレーベルから発売された作品で、原作としてPCゲームがあるようです。
 サブタイに「第一話」とありますし、内容もプロローグっぽいので、何巻分かのシリーズ化が予定されていたものと思われますが、その後何年も続巻発売のアナウンスが無いため、もしかしたら打ち切りとなってしまったのかもしれません。
 ジャンルとしてはエルフ娘調教モノで、勝ち気でマニッシュな妹エルフと、気弱でおしとやかな姉エルフを対比して見せるという、ウチの看板小説「奈落の森の聖姉妹」と同じ構成になっていて親しみがわきます(^^)
 難点は、肝心の濡れ場が平板なこと。
 妹と姉はそれぞれに責められて処女を奪われますが、媚薬等を使うわけでなし、ネチっこい言葉責め、羞恥責めがあるわけでなし、同レーベルの快作「戦乙女ヴァルキリー2」と比べると甚だしくエロとしての迫力を欠いています。
 こういうジャンルのものは、「激しく拒みながらも官能に打ち負かされて堕ちていく」というノリが感じられないとダメだと思うのです。
 何だかヘンテコ&レトロな演出も多く、「尻を振ってダンスをして見せろ」という責め方など、大昔のBON企画ビデオを想起させられて、エロいというよりも笑ってしまいました。
 それでもシチュ自体は美味しいこと間違いありませんし、ヒロインらのグラマラスでコケティッシュなビジュアルも悪くありません。続巻を期待したいのですが・・・・
 この一巻目の「抜ける度」は2.5とします。(彩雲11型)
スポンサーサイト

エンジェルブレイドパニッシュ!3

エンジェルブレイドパニッシュ!3
abp3.gif(2005)

ストーリー・新たな戦士エンジェルバレットによって、萌奈は危機を救われた。しかしその間に、シャイア、そしてあやめまでもが敵の捕虜になってしまう。際限なく陵辱される2人を、萌奈は救い出せるのか?


 ・パニッシュシリーズの3作目、無印ブレイドから数えると6作目になるのに、ストーリーは全く進んでいないし、キャラはつまらないし、エロはおざなりだしと、もうどうでもイイや感が漂う凡作です。
 シリーズ構成は完全に破綻しており、単なる思いつきのシチュをダラダラ描いているという風情。物語内容に興味を持って見続けることは不能状態です。まるでバスタード。
 エロとしては、萌奈、シャイア、あやめ(この人いつ捕虜になっていたのか不明・・・)の三人がエロエロいじめられるという、一見豪華な内容に見えますが、どうにもノリが悪く、見ていてエロい気分にはなりません。毎度止め絵も多くてゲンナリです。
 前回から続く葉月ネタが一番エッチな風情と言えばそうですが、これも声優交替によって興が削がれています。
 監督の大張氏は、やる気がないのならばさっさと店じまいをして欲しいです。こんなヤッツケ仕事ばかりしていては、そのうち全てのユーザーからそっぽを向かれてしまう気がします。
 「抜ける度」は2ですが、そんなことはさておき、制作者の傲慢さ、不誠実さが透けて見えて不愉快になりました。(彩雲11型)

エンジェルブレイドパニッシュ!2

エンジェルブレイドパニッシュ!2
abp2.jpg(2005)

ストーリー・萌奈とあやめはシャイアの写真集撮影ツアーに同行していた。戦いの疲れを癒すバカンスの筈だったが、ここにもダークマザーの魔の手が伸びる。シャイアは陵辱を受け、エンジェルブレイドも絶体絶命のピンチに。その時新たな戦士が天から舞い降りた!・・・


 ・この二巻目は、シリーズのこれまでの作風に比べてかなりコメディ調に振ってある印象を持ちました。全編にギャグをまぶした軽いノリで、何となく「グラヴィオン」を彷彿とさせます。グラヴィオンのミズキが葉月という名前でゲスト出演してるのでなおさらその印象が強いです。
 これはこれで作り方として楽しいですが、そのためレイプシーン等の緊迫感が希薄になってしまった感もあり、見る人によって好みが分かれると思います。
 さて本巻のウリは新キャラ登場ということになるでしょうが、今でさえヒロイン側だけでも大勢のキャラがいるのに、余計なモノを出してその説明に尺を割いてなど欲しくないなあという気がします。そもそもこれまでゾロゾロ出てきたキャラもドラマ本体にはあまり寄与していませんし、いい加減ストーリーの全体構造をキチンと提示し、ラストに向けた流れというのを見せて欲しいです。こうも行き当たりばったりでは全然物語に入り込めませんよ。
 エロシーンとしてはシャイアが犯されるというのがメインですが、あまり尺も長くなく、テンションも低いです。
 また毎度書くことですが、拘束も媚薬もナシに犯されるがままというシャイアの描写にはガッカリです。一応正義のヒロインなんですから、もうちょっと凛とした態度を見せて欲しい。それが堕とされるから面白いのに。
 総評としては、どうも全体にシリーズの「繋ぎ」的な印象が強く、30分のセルビデオとして独自に備えているべきテンションが見られないのは残念です。作画はいつも通り良いですが。
 「抜ける度」はオマケして2。(彩雲11型)

エンジェルブレイドパニッシュ!

エンジェルブレイドパニッシュ!
abp1.gif(2004)

ストーリー・ダークマザー城に囚われてしまった響香は、ミュータントカリンの陵辱を受け、体内のエンジェルシステムを奪われてしまう。彼女を救うため、萌奈とシャイア、そしてあやめの3人はダークマザー城へと決死の侵入を図るのだが・・・


 ・全三巻と銘打って始めたシリーズがキチンと終わらず、新シリーズとしてズルズル続けましょうという感じの恥知らず企画です。バニラとしてもさすがにキマリが悪かったからなのかどうなのか、わざわざMUSEという新レーベルを立ち上げてまで発売していますけど、内容的には完全に単なる続きとなっています。
 前シリーズの最終巻があんな出来でしたので、レンタルしてまで続きを見るのはかったるいなあと思っていましたが、運良く友人からDVDの一巻と二巻を同時に借りることが出来てラッキーでした。持つべきモノはスケベな友達です。
 さて新シリーズになって少しは仕切り直しがあったり演出のテンションが上がったりしてるかしらと期待しましたが、特段そういうことはなく、いつものエンジェルブレイド(^^)でした。つまりストーリーがしょぼくて行き当たりばったりでエロもイマイチ詰めが足りない感じです。
 ストーリー的には、取りあえずヒロイン側とラスボス(?)とが相まみえるというだけの話です。エロですからそれで結構ですが、鳴り物入りで出てきた敵幹部たちがアッと言う間に退場させられちゃうのは何か哀れです。もうちょっとキャラを大切にしてあげて欲しいなあ。
 またダークマザーも何やら思わせぶりなことを言ったりやったりしますが、ドラマとして非常に平板かつ空疎であり、お話しで視聴者を引き込む工夫がないのは残念です。
 エロとしては、尺の多くを割いている響香の陵辱シーンがなかなかエッチです。とは言え、(オイラの個人的好みもありますが)陵辱、調教描写としてかなりヌルい印象もあり、これは抜ける!というほどの出来になっていないのは惜しまれます。
 具体的には、まず響香が体内のエンジェルシステム(試作品)を摘出されちゃうシーンですが、これはまさに「魂」を抜かれちゃうような美味しいシチュなわけですから、もっとネチネチとリビドーをこめて描いていただきたい。ほんの一分で完了で、リアクションも「あらどうしましょ」というフニャけたノリでは拍子抜けです。
 続くカリンによる調教シーンも、別に拘束があるわけでもないのに響香アッサリあきらめすぎだと思います。どころか何やら楽しそうですらあり、フェラやパイズリを嬉々としてこなしていく感じなのは興醒め。もうちょっと嫌がったり抵抗したりという描写が欲しいですね。
 逆にこのエロシーンで評価したいのは、かなり的を絞った作り方になっている(と思う)ところでしょうか。
 巨乳キャラ目白押しの本作ですが、響香は中でも群を抜いており、ですからこういうちょっとブヨッとした熟女風のエロなんかが好きな人には強くアピールすると思います。
 また上で書いたマイナス面、つまり響香が楽しげに調教されちゃうというのも、単にオイラが好みでないだけであって、いわゆる淫乱女モノっぽいノリが好きな人には逆に楽しめるのではないでしょうか。
 作画は相変わらず上質です。止め絵が多いのも相変わらずですが、まあ演出の一環と見ればOKでしょう。
 「抜ける度」は3。
 ちなみに劇中で響香が言う「イサト」というのは、前巻で出ていた博士みたいな人のことだと思うんですが、響香が拉致される現場にいたクセにどうなっちゃったんだろ。1人だけ逃げたのかな。
 ダークマザーも、エンジェルシステムの秘密を知りたいなら彼の方をさらわせるべきだと思うんですが。まあそれだとエロにならないか。(彩雲11型)

艶欲~微熱~

艶欲~微熱~
enyoku.gif(2007)

ストーリー・女教師の青鹿瑞穂は、受け持っている生徒・楠本也矢に道ならぬ恋をしていた。恋情、そして欲情を抑えきれない彼女は、ついに彼を誘惑して関係を持ってしまうが・・・・


 ・2007年にブートレグというレーベルさんから頒布された作品です。
 このレーベルさんについて、詳しいことは分かりませんが、しかし海賊版という意味もある「ブートレグ」という単語をレーベル名にするなど、何やらアブナイ匂いがしないでもありません。
 ではアニメの内容がブッとんでいたり極端な地雷だったりするかというとそんなこともなく、ごくフツーのアダルトアニメっぽい仕上がりとなっています。
 「艶母」シリーズのみやびつづる氏による原作コミックがあるそうで、ジャンル的には淫乱女教師モノとでもなりましょうか。
 スケベーな女教師がヒロインである作品なんか腐るほどありますが、本作に出てくる瑞穂先生はその淫乱ぶりで一頭抜きん出ており、完全なニンフォマニア状態。
 なので冒頭からいきなり発情しており、教え子を想ってオナりまくり、5分後にはもうその子を誘惑してハメてしまいます。
 後は情欲のおもむくままに、いつでもどこでもハメまくり、彼に若いガールフレンドが出来たと知るや、彼の家に押しかけてまたハメます。
 そんな展開ですから、ドラマとしての盛り上がりとか決着とかは無いに等しく、視聴者があまりの生臭さに呆れているうちに、アニメは尻切れトンボで終わってしまいます。
 故に、見て面白い作品とは言えないかも知れませんが、30分の尺のほぼ全てが濡れ場という攻撃的な造りは、ポルノとして優れた資質であるとも評価できるでしょう。
 オイラ的には、瑞穂先生が淫唇をチンコでクリクリ刺激され、オシッコ出ちゃう~許して~と悶えるシーンがなかなか良かったです。
 「抜ける度」は2.5。
 痴女による迫力ある濡れ場が好きな人には、そう悪くないと思います。(彩雲11型)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR