連鎖病棟(全二巻)

連鎖病棟(全二巻)
rensa-b.gif(2007)

ストーリー・山田修司は清里病院に勤務する青年医師だ。熱心で優しく、皆から慕われる彼だが、胸の奥には秘密の目的が隠されていた。それは・・・・


 ・2007年にミルキーレーベルから頒布されたシリーズで、原作はPCゲームだそうです。
 内容的には非常にステレオタイプのナースもので、個人的な復讐のためにとある病院へ潜り込んだ青年医師が、ナースたちを次々と陵辱、調教し、協力者として利用していく・・・・という、これまでに百万回は見せられた感のあるプロットとなっています。
 エロとしてのキモは、ナースたちがレイプされ、調教されてアポーンというヤツですが、被虐味は相当に薄く、それがそのまま本作の弱さとなっている印象があります。
 何しろナースたちは皆全く堪え性というものがなく、バージンのクセに二発目からすぐ「イグイグ!キモチイイ!突いてエグって孕ませて!」と大騒ぎ・・・・みたいなノリばかり。
 せっかくレイプ、調教というネタを扱っているのですから、官能に負けて次第に屈服していくような様を見せてもらいたいではありませんか。
 ヒロインが多すぎて尺に余裕がないのならともかく、本作では3人と小所帯ですし、もっとじっくり、1人1人が陥落していく様子を描くべきだったと思うのですが・・・・
 「抜ける度」は個人的に2.5。
 ちなみに作画は上質で、爆乳系の作品らしいプルプル感も良く出ていますが、下巻ではリピートや止め絵がやや多くなったのは気になりました。
 またヒロインらの口の輪郭がギザギザになる描写(アワアワと震えているのを強調する表現?)は、見る人によっては違和感があるかもしれません。(彩雲11型)
スポンサーサイト

連結方式 3rd.「BLIND」

連結方式 3rd.「BLIND」
renke3.gif(2008)

ストーリー・深田澪はお嬢様学校に通う美少女だ。成績も抜群の彼女だが、周囲と上手く馴染めず、孤独を深める毎日。そして自らの恥ずべき性癖も、彼女を悩ませていた。


 ・シリーズの3巻目で、2008年に発売されました。どうやらこの巻で完結となっているようです。
 この3巻目は、優等生、しかも美少女が、しかし内面にはドロドロした変質性を秘めていて、ある事件をきっかけに、それを爆発的に解放していく様が描かれます。
 ・・・と書くと何だか面白そうな気もしますが、実際見てみますと、展開にヒネリが無くてかなり退屈な印象を覚えました。言ってしまえば、ヘンタイさんがカミングアウトしてああ良かったねというだけのオハナシだからです。
 エロとしては、前半は気弱なメガネっ娘が輪姦される鬼畜展開、後半はメインヒロインが「調教レイプキボンヌ!」なんつって悶えまくる痴女大暴れ展開となっています。
 構成としてメリハリが効いているのは良いと思いますし、淫靡な雰囲気も出ていますが、上で書いたように全体のプロットが平板なため、エロシーンの興もノリが悪く見えてしまっているのは残念に感じました。
 またメガネっ娘の方は、処女レイプということで一応は抗ってみせるものの、すぐに「イイ~、もっとしてェ~」とヨガリ出し、まあお約束の演出とは言え、リアリティの無さにウンザリさせられましたです。
 三巻の「抜ける度」は2.5。
 タイトルからして「連結(セックス、もっと言えば男女の繋がり様)」の様々な形態という意味合いを込めていたのだと思いますが、どうも見せたいモノがハッキリしない、あやふやな印象のシリーズとなってしまった感がなきにしもあらずですね。(彩雲11型)

連結方式 2nd.「SCHOOL」

連結方式 2nd.「SCHOOL」
renke2.gif(2008)

ストーリー・平山は内気でか弱い印象の美少年だ。そんな彼に興味を抱く女性は数多いが、しかし彼女たちは平山の真の顔を知らない。それは・・・・


 ・シリーズの2巻目として、2008年に「鈴木みら乃」レーベルから発売されました。
 オムニバス構成となっている本シリーズですが、この2巻目では、中性チックな美少年が主人公となっています。
 中性的とは言っても、その内面にはドロドロした憤怒が満ちており、彼が自慢の巨根でもって女どもを次々に喰っていくというのがストーリーのあらましです。
 彼は本質的には小心な弱者であるらしく、しかしその鬱屈した心理を否定するかのように、暴力的に女性を犯していきます。
 ところがラストでは両刀遣いのイケメンにレイプされそうになり、必死に助けを求めるというオチになります。どんなにイキがっても、所詮は捕食されるエサの側だというワケです。
 エロとしては、清純派の美少女の処女レイプ、ビッチなヤンキー女たちとの3P、女教師との強引なセックス等、尺もバリエーションも十分で、そこそこ飽きさせません。
 ただ一巻同様、やや独特のプロポーションをしたキャラ絵は、万人にアピールするとは言えないでしょう。よって最初から見る人を選ぶ作品とは言えるかもしれません。
 2巻の「抜ける度」は2.5とします。(彩雲11型)

連結方式 1st.「HOLD」

連結方式 1st.「HOLD」
renke1.gif(2008)

ストーリー・圭介は父の余命が短いことを知り、身を固めて実家の酒屋を継ぐ決心をした。結婚相手も決まり、忙しく過ごす彼を、しかし妹の美咲だけは不穏な目つきで見つめる。何故なら・・・・


 ・2008年に「鈴木みら乃」レーベルから頒布された作品で、原作として人気コミックがあるらしいです。
 全3巻構成(多分)のシリーズですが、各巻のストーリー内容に繋がりはなく、オムニバス的な作りとなっています。よって、一巻毎にそれぞれレビューをしていくのが適当でありましょう。
 さてこの第一巻では、兄妹の近親相姦を扱っています。
 オハナシとしてはシンプルで、内向的な兄と、彼を強く慕う妹がいて、ヤヴァイとは知りつつ日々ハメまくっていると。
 これではイカンと、兄の方は、結婚することによって背徳の関係を絶とうとすると。
 しかし結局は踏ん切りがつかず、結納の日も兄妹でハメまくり、結納をサボってしまうと。ただそれだけの内容です。
 兄に「お前も男を作れ」と突き放され、大人しくそれに従いながら、しかし思慕の念を変わらず抱き続ける妹のキャラはなかなか切なくて良いんですが、ドラマのプロットはいかにも弱すぎて、視聴者を刮目させる迫力を欠くことは残念に感じました。
 やはりこうしたドラマの場合、主役二人が破滅するまでを描かないと、わざわざ近親相姦をテーマとする意味が弱くなってしまうのではないでしょうか。
 エロとしては、兄妹の濡れ場のみが延々と続くという割り切った作りは良いと思いますし、淫靡さも十分に出ていますが、いささか平板でもあり、途中で飽きてしまいました。
 また作画は上質ですが、頭でっかちでスリムでオッパイだけ大きいという独特のキャラ絵は、見る人によって好みの別れるところでありましょう。
 一巻の「抜ける度」は2。
 暗く背徳的な作品が好きな人なら良いかも知れません。(彩雲11型)

レザーマン(全4巻)

レザーマン(全4巻)
r-man.gif(2001-2002)

ストーリー・バイクで旅を続ける青年・・・名前はクルス。彼は追われていた。とある場所から、莫大な金と、ある重要なモノを盗み出したからだ。果たしてクルスの目的は?そして運命は?・・・・


 ・2001年から2002年にかけて、ブルームーン(ファイブウェイズ)レーベルから4巻構成で頒布されたシリーズです。
 どうやらオリジナル企画のようで、原作マンガやゲームのようなモノは存在しないらしい。にも関わらずこの長尺ですから、当時のエロアニメ界というのはまだノンビリしていたんだなと、妙な感慨にひたってしまったり。
 さてその長尺を使って本作が何を描いているかと言いますと、一見三枚目風の主人公が、全国各地をバイクで旅しながら行きずりのオ○ンコを続けるというヘンテコなストーリー。
 彼が出会うヒロインたちは、皆何らかのトラウマやドグマによって抑圧されていたりするんですが、主人公が「自由になるんだ!心を解放するんだ!」などと安いことを喚きながら行うセックスによって、実際に「解放」されていきます。
 主人公のその啓蒙セリフは、彼が自身に向けて発しているモノでもあり、つまり彼自身も何者かから解放されたがっているのですが、それはちょっとSFチックな本作の設定と深く関わっています。
 などと書くと、何やら重たく深い作品のようにも思えますが、実際には全然そんなことはなく、まあ言ってしまえば、脳天気なナンパものロードムービーという感じですね。
 エロとしては、シスターとか、婦警さんとか、熟女とか、マニッシュギャルとか、ロリとか、メガネっ娘とかを次々とナンパハメしていくバリエ感覚が楽しいですが、しかし濡れ場そのもののテンションは低く、抜き用には向きません。
 このレーベルさんらしく、作画やCVのレベルが低いことも、エロさを弱める一因となっています。
 「抜ける度」は1.5。
 全体にチープな造りではありますが、オリジナルの長編作を作ろうという意気込み、そしてそれをキチンと完結させている生真面目さには敬意を払いたいです。(彩雲11型)
 
 ↑上の記事について、「レザーマン(LEATHER MAN)は きお誠児氏原作マンガのアニメ化ではないか」という御指摘を、BBSにてとーりすがり様からいただきました。
 なるほどその通りのようでして、御教示を感謝すると共に、原作者の方には失礼をお詫びいたします。申し訳ありませんでした。(彩雲11型)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR