本当にあった人妻不倫告白 本村陶子の場合

本当にあった人妻不倫告白 本村陶子の場合
honto-h.jpg(2013)

ストーリー・陶子は美しくグラマーな人妻だ。彼女の母は陶子が幼い頃に不倫相手と駆け落ちした。自分にもその淫らな血が流れているのでは?・・・そう訝り、悶々と暮らす彼女だが・・・・


 ・2013年にブートレグレーベルから発売された作品で、20分という短めの尺になっています。
 雑誌への投稿実話を元に構成された作品という触れ込みですが、実際にそうなのかは良く分かりません。
 尺が短いから引き締まった内容になっているのかと言えばそうでもなく、身持ちも頭も悪そうなエロい人妻による退屈な回想や独白が前半ダラダラと続きます。
 後半は彼女が故郷近くの湯治場に出かけ、そこで待ち構えていた幼馴染みに夜這いを仕掛けられるという構成になっています。
 彼女の中でモラールが転倒したり、夫に対する罪悪感で逡巡したりという展開はまるで無く、「ああこれこそが求めていた珍宝(運命的に相性の良いチンチン という意味らしいです)だわ!もうサイコー!」なんつって悶えまくるだけなので、もう痴女と言うよりは単なる頭がアレな人です。
 ヒネりも何もありませんから、当然視聴者としては感情移入のしようもなく、見ていて引き込まれるということはないでしょう。
 エロシーンの尺はそこそこあって、作画も丁寧ですが、劇画調の古くさいキャラデザのためか、チンコへの訴求力は非常に弱く感じました。
 この独特の垢抜けなさ、平板さはどこかで見覚えがある・・・そうだまるで早川ナオミ作品のようではないかと思っていましたら、案の定、氏の名前がEDでクレジットされていてウンザリしました。
 毎度個人攻撃のようなことを書いて心苦しいですが、一体今日日、早川氏が関わったエロアニメなどを制作して誰得なのでありましょう?
 絵的にも文芸的にも古すぎて、エロアニファンにアピールする要素など皆無のように思えるのですが・・・・
 「抜ける度」はオイラ的には1.5です。(彩雲11型)
スポンサーサイト

ボンデージ・ゲーム〜深窓の隷嬢達〜(全2巻)

ボンデージ・ゲーム〜深窓の隷嬢達〜(全2巻)
bond.jpg(2003)

ストーリー・大財閥の当主である蓮慈は、屋敷で少女達を徹底的に奴隷調教する日々を送っていた。彼の手によって貶められ、肉体を改造されていく5人の少女達の運命は?・・・


 ・この作品は、過激なSMプレーが見られるということで、私は期待して鑑賞した。しかし私は唖然とした。男根を移植されて、ふたなりになった女、腹に管を通された女、おっぱいを膨らまされて、それが体以上に大きくなった女、この作品には人体改造をされた悲惨な女たちが登場する。これらの描写に共通するのは、全くリアリティーがないということである。いくら非道で痛々しいプレーを連続で見せられても、行われている行為が現実とかけ離れていれば、悲愴さは感じられず、ただのギャグアニメになる。この作品は行為が行為だけに欝になるつまらないギャグアニメとみなすことができる。これはエロさに関しても言える。例えば、このアニメには肥大化したおっぱいに男根を挿入するシーンがあるが、こんな非現実的な場面で発情するものは誰もおるまい。
登場する女たちの顔のまずさは萎える原因の一つだ。濃いという表現が一番ピッタリくるかもしれない。こういう顔形は現代では受け入れられないと私は思う。ボディーの形の悪さも萎える原因である。人体改造でボディーが崩れた女は論外として、ほとんどの女の胸とケツは異様に大きい。
ストーリーは、ただ女体を改造し、いびるだけでほとんど無いと言っていいだろう。主人公である蓮慈は、無口で何を考えているかさっぱり分からない男だ。彼はまるで機械のように女を調教し続けるのみの面白みの無い男だ。唯一の救いは佐倉井要という名のロリキャラだ。彼女は唯一人体改造をされない女だ。彼女のオムツによるスカトロプレーは、短いながらもこの作品における一番の見所だ。正直言って、人体改造によらない恥辱プレーが一番エロい。人体改造というくだらないテーマを捨て去っておけば、この作品はかなりましになったと私は思う。「抜ける度」は佐倉井要に免じて2とする。(りぷとー)



 ・まずお断りしておきますと、オイラは本作を友人宅でDVD鑑賞しましたので、このレビューはあやふやな記憶と印象に頼って書いております。故にマチガイ勘違い等あるかもしれませんが、何卒スルーしてくださいますようお願い申し上げます。
 さてオイラがこの作品に興味を持ったのは、なす・ごーやー氏がBBSで賞賛されていたからです。んでエロ友達に電話で話したところ、DVDを持っているというので見せてもらいに出かけたわけです。
 しかし一気に前、後編を視聴して、正味のところ引いてしまいました。ていうか、腰抜かす一歩手前でした。情けない話、オイラにはちょっとついていけない世界です。
 内容的には、アイル原作のゲームをピンパイがアニメ化したものだそうで、とにかく調教、被虐シーンがず〜っと続くだけのモノです。それだけにエロとしては濃く、アイルマニアックスのスタッフが関わってると聞いてなるほどと思いました。
 問題はエロの質で、とにかくグロくて反社会的なネタが多く、そういうのが好きな人にはなるほどお宝作品でしょうが、オイラのように気の弱い者にとっては刺激が強すぎます。
 嵐のようなスカトロ描写はまだ序の口で、グジャグジャの人体改造に痛い系の責め、カニバリズムらしい描写などがバシバシ叩き付けられてくるので精神的に参ってしまいます。トドメに××××がゴロンと転がされていたりするシーンもあり、いやはやモノスゴイ。
 本作のキャッチは「あなたは正視できるか?」というんですが、オイラはとても出来ませんね。
 まあ気の弱いオイラでもそこそこ興奮出来たエロシーンはというと、一巻目でお嬢様キャラがクリを改造されちゃうところくらいでしょうか。あとは概ね震え上がっていたり。(笑)
 さて、本作全体に対しての個人的印象を言いますと、「ああ、エロアニメもここまで(良くも悪くも)リハビリが進んだんだなあ・・・」という感慨を抱きました。
 例の宮崎事件以降、過激な描写がピタッと無くなり、なるべく世間を刺激しないように背を丸めてきたエロアニメ界が、ようやくまたここまでやりたい放題に戻ってきたと言いますか・・・。
 それだけに、再びあのような事件が発生したとき、エロアニメはまた真っ先に遠因としてヤリ玉に挙げられそうな危惧も抱きます。オイラはいかなる表現の規制にも反対だし、過激な表現が犯罪を惹起するとも考えませんが、世間が同じ判断をするとも思えませんしね。
 まあここまで情け容赦のないサディズム映像は滅多にアニメで見られるモノではないことも確かで、好きな人はもちろん、そうでない人も後学のために見ておいて損はないかも知れません。「抜ける度」は2.5。
 書き忘れましたが、作画はそう悪くないのですが、独特の味があって好き嫌いは分かれると思います。
 それとあのお屋敷は、臭くてとても住めないと思うけどなあ。(彩雲11型)

ホワイトシャドウ

ホワイトシャドウ
w-s.gif(1987)

ストーリー・麻美(まみ)は明日の新体操の大会に向けての練習に励んでいた。その日の帰り、恋人の祥太(しょうた)に赤い宝石のついたペンダントをプレゼントされる。このペンダントが、これから始まる悲劇の発端になるとは、麻美も祥太も、その友人の一郎(いちろう)も、まだ誰も知らない。


 ・新くりいむレモン第二回作品。うるし原智志氏がキャラデザに作監までをやった作品ですか。ほぉ、今の絵柄からはまったく想像が付きませんけど。いくつか出ている氏の画集のには当時のイメージボードと共にそのような説明があったのだが、何故か「おぉっ!すげぇっ!!」とは感じずに「あぁ、そうだったんだね。」って思う程度。やっぱオレにとっては「くりいむレモン」の中の一本なので、うるし原智志氏のってイメージぢゃないんだよな。なお「フロントイノセント #0」に収録されている氏の仕事場拝見のコーナーにて、本作のVHSテープが棚に納まっているシーンもあるので機会があれば是非チェックして頂きたい…Bataって「新」シリーズでは出してたっけ?

・さて本作は87年の四月発売ですか。「うろつき童子1」が一月だもんな、時期が近いとやっぱキャラタイプのダブつきがあるのかな?両作品共にヒロインが新体操キャラだもんな。おまけに麻美の部屋の、ポスターに描かれている人物が「タッ○」のヒロイン「朝○南」にしか見えないんだが。まぁ、ポスターの方にそのキャラを描いたのは関連付けた「お遊び」だろうけど、この頃はまだそんな「お遊び」を堂々とやってたんだな。

 新体操シーンを見比べてみた…うろつきと。こちらの方がはるかに多くの時間を割いており、どれだけの差かと…計算してないよ、ただシーンの存在感において…残念ですと。テーマに置いていながら。多分、動きの所為だろう。確かに本作はそのシーンにおいて止め絵が多いけど、動いてないわけぢゃない。新体操らしく動いてるシーン、新体操キャラだと印象付けるシーンが弱かったのかな?ひょっとしたら道具も影響したのか?「うろつき童子1」の明美の場合はフープ(輪)を使っていてそれがアクション的に上手く行ったのだろう。麻美の場合はボール(球)だったが、このボールを選んだのが失敗だったの…か?マイナーな(?)道具を選んだというのなら目の付け所は面白いんだけど、それを活かせたかな?やはり新体操としての見栄えを考慮したら、リボンを選ぶべきだったろう。本編のストーリーをそこはかとなく暗示させるには、クラブ(棍棒)が良いはずだ…たしか、二本手にするんぢゃなかったかな…まさに最適。フープだったら、まさに作品を超えた新体操キャラのちょっと変わった対戦が見れて、それはそれで面白かったろう。ところで今回、道具を調べるのにウィキペディアを覗いてきたが…「縄」ってのもあるらしい…はい?なんです?それ?

・作ってるところの所為か時代の所為なのか、結構突っ込みどころが満載だ。学校の名前が「英愛学園」って、AICだからってそんな名前にしますかね…それから、前半でのお相手のあいつがあぁなっちまうシーンでは「うげっっスペース○ンパイアぢゃんか!」と、驚いたもんで…あの映画のあのようなシーン、実は結構トラウマになっててさ、それをアニメで…こんなとこで見せられりゃさ、あまり良いもんでもないね、それからあの夢の中に出てきた女の人、髪型とか、当時らしい(?)絵柄の所為もあって「おぉ!バ○ルガムクライシスの○リスが居るぞ!」とか…。

 麻美の声の所為もあって、この頃に放送していた某有名ロボットアニメで、同じ声にしか聞こえない人が一人二役でご出演なさってたために、そちらを見ながら「うわ!おんなじセリフしゃべってるよ!!」なんて、うれしいパニックをおこしたりしたもの。ちなみに実際には同じセリフどころか似たようなセリフも全くしゃべってはいない。それは結局、くりいむレモンシリーズ内では確かにあったその似たようなセリフと、その麻美のお声の方がテレビアニメの中で、そのようなセリフを言ってたために誤認してしまったようだ。どのアニメでどのキャラとを?それは自分で確かめて。

・表情、特にやろーのが余計な感じというか、凝れば凝るほどなんか変な表現に感じてしまうんだ、なんか変。実際にはそんな顔をするんでしょうけど、その表情のあるカットを見ると、「はぁ?なんじゃこりゃぁ?」ってな感じになる。アニメとしてどうなんだろう。まぁ、やろーがエロシーンの中に出てくんのは当たり前だから、多少のことでは影響出んけど、そこはかとなく表現のマイナスになっているように見える。実写的表現は、きついのかも。言うならアニメで見せるリアリティと、実写に近づけた表現の違いかな?同じようでいて、やはり違う事。多分それは、氏のこだわりのようなもの(?)かなも知れない…だとすると、もうこの頃から…か。

・オレ的にはヒロインがオナニーをするシーンが好き…っていうか、オナニーするキャラが好きというか、オナニーのシーンがしっかりしててそのシーンの長いキャラが好きと…いうかなんだけど、とにかくオナニーのシーンの出来栄え自体がある意味作品の価値そのものだったりもするわけだ。んじゃ、ヒロインがオナニーをやらん作品は無価値かっていうとそうでもないんだが。さて、本作でのそのシーン、欲張って言えばバスタオルを外す、あるいは外れるシーンを入れて欲しかったな…尺も短めなのでもう少し長くして欲しかった。イッちまうところでブラックアウトしてしまったので、イッてからふた息くらい置いてからブラックアウトして欲しかったな。ただ、肉感だけは結構いい感じだった、そう見ると及第点かね。んじゃ、オレ的に言えば本作はそれ以外は特に無くてもいい事にならないか?他のシーンはおまけみたいなもんぢゃないかね?だが本作での一番のお気に入りのシーンは他にある。

最後のえっちシーンでのバックでやってる時の、横からのアングルの数秒間が特に気に入っている。体位が好みか?おっぱいの揺れ方が良いからか?それとも肌の色合いと言うか、光の当たり具合なのか?シーン全体の色合いか?とにかくイイんだ。始めて見た時に何故か「おぉっっ!」てな感じで何かに感動したのは覚えている。それだからか、そのアングルのシーンでと言うか、その体位でのシーンで未だにこの数秒を上回ってるシーンに出会ったことは…無い。

・この段落、ネタばれっぽいことかなり有りマス。さて、今回のレビューを記述するに当たって、あっちやこっちのシーンを見直ししているうちに「おやっ?」と思えてくるシーンがいろいろと出てくるわけで、それらはもちろんあちこちに書きましたが…この話のストーリー自体が、実は麻美が主人公では無いのかもしれないと思うようになってしまった事。くりいむレモンなので、よほどの事が無い限り先ずは主人公は女性のはず。もちろん本作もそう思ってたし、多分そのように構成されていたはず。だけど初めに麻美が登場した時、彼女自体をあまり強調せずに…ぼかしたりはしないものの、やや背景キャラっぽい演出がなされ、祥太と一郎の会話に入った。その後に初めに登場したキャラがヒロインだと判る演出になってるようだった。あたかも少年二人が主人公であり、その二人にからみ、キーになるヒロインが麻美であるかのように…いや、むしろ麻美を含めた三人が主人公であり、祥太の持っていたペンダントに関わるようになった三人の、それぞれの出来事を表現し、25分作品に仕上げ…エロアニメだから麻美を主人公にしたような、だ。もしもあと10分、いや5分の尺があれば麻美以外の二人のシーンをさらに盛り込めば、この作品での演出したい事の最低限度のすべてを演出できただろう…麻美と祥太が恋人同士と言うには若干表現が弱く感じられ、むしろ友達同士に近い関係に思える。一郎に関して言えば、ただの脇役だ。麻美は彼の事も少しは好きだったらしいが、演出から言えば相当強引な仕上がりだ、後半ではメインを張ることになるがエンディングの事も考えると…キャラ自体の複線が少ない。…企画時に描かれていたストーリーが、オレの考えてるようなモノだったとしたらだがね。それはオープニングでペンダントの正体やら、いきさつをばらしておいて次に三人の日常を描き、ペンダントの力によって生じた事に三人が翻弄される姿…つまり本作自体を描くと言う編成。そちらでも所々に追加カットがあるようなやつかな。「このペンダントを決してうら若き女性に渡してはならない!必ずや不幸を招く!」なんてものだったとしたら、効果覿面だな…実はそんなものだったりして。そうそう、ラル2のとこに書いた事、この作品でもあるわけだから86年度、やっぱエロ以外の面できびしいかな。

・抜ける度は2。そのシーンだと判断できるのは四箇所あったね。シーンそれぞれの尺は短いめ…かな。う〜ん、そのシーンは今でも名カットだよ。それを超えてる作品あったら、教えて。是非見てみるから。さて、それよりも、やっぱしやろーのアップは要りません。ついでに、そのやろーのお二人さんとも、妙に体つきが逞し過ぎませんかね?もうちょっと体のラインがそこはかとなく細くなるはずだけど。

・アニメとしてのお勧め度はちょっとおまけをして3。幾分ダークな感じ。これ以上書くと上記分もあり、相当ネタばれになる…ストーリーの全てを書く事になりかねないのでので書きたくないな。この頃は後のくりいむレモンスペシャルの「DARK」とかも含めて暗いとか、そんな作品が続くんだよ。

 入手に関して言えば、やはりアナログメディアであるVTやLDがより良い。だがストーリーを知りたいだけならば、やはりDVDだろう。「五時間目のヴィーナス」とのカップリングの単品のやつがあれば。売っていたとして、店によって値段はまちまち。許せる額でどうぞ。そう言やネット配信って、今でもやってるのかなぁ。クレジットカード契約とかがうっとうしいので手を出してはいないが。(輝川流一)

炎の孕ませ転校生 第三話

炎の孕ませ転校生 第三話
hono3.gif(2007)

ストーリー・クラスの女子全員を孕ませようとする辰也は、その仕上げとして幼なじみのさやかに迫った。しかし同じ幼なじみで、やはり辰也を好きな香苗のことを思いやり、さやかは辰也を拒絶してしまう・・・


 ・シリーズの三巻目で、これで完結となっています。
 本巻のストーリーは、
 (1)冒頭、いきなり出てきたお嬢様キャラと、その侍女的キャラたちを主人公が犯す。
 (2)主人公、メインヒロインに告白。しかし拒絶されてしまう。
 (3)ふて腐れた主人公、これまでに堕とした女の子たちを乱暴に犯しまくる。
 (4)周囲が見かねて、主人公とメインヒロインの仲立ちをする。
 (5)主人公とメインヒロインが和解。ラブラブエッチ。
 (6)全キャラが乱入してラストの乱交ファック。
 という流れになっています。
 構成として無理が無く、大団円的なノリも悪くないのですが、オイラ個人的にはちょっと後味の悪い感じのドラマでした。
 メインヒロインは真心から主人公を慕っているのに、それを世界征服(笑)のワンステップ扱いにしたり、衆人環視の中でのぞんざいなバージンブレイク。「好きだ。お前でなくちゃダメなんだ」もないもんです。女の子の人格を何だと思っているのでしょう。
 もちろんギャグコメディなんですから、そんなことに突っ込むのはナンセンスという御意見もあるでしょう。しかしそれならそれで、ヒロインたちの切ない心情なんかは最初から描かず、バカドラマと割り切って作って欲しかった気がします。
 シリーズを通して振り返りますと、何だか一巻がイチバン面白かったなという気がします。素材は悪くないのに、転がし方をちょっと誤って失速しちゃったような・・・イエあくまで個人的な印象ですが。
 「抜ける度」は2。
 ちなみに作画のグレードはこれまでと変わらず、垢抜けないなりに丁寧に描いてあって好印象です。女の子たちの表情も相変わらず可愛らしくて悪くないと思いました。(彩雲11型)

炎の孕ませ転校生 第二話

炎の孕ませ転校生 第二話
hono2.gif(2007)

ストーリー・辰也の世界征服の野望(ていうかクラス女子全孕ませの野望)は着々と進んでいた。一方、幼なじみの香苗とさやかとの関係にも、いよいよ変化が起こり始める。


 ・シリーズの二巻目です。
 本作は、基本的にクラスメートの女子を犯していくというだけのストーリーなワケですが、それだと展開が単調になってしまうのを回避するためなのか、幼なじみである二人の女の子との間には、それなりに心理を掘り下げたドラマが配されています。
 この工夫は正解と思われ、ただダラダラとファックシーンが続くだけになりがちな作品に、適度な緊張感とメリハリを与えています。
 本巻のエロシーンは、大まかに言うと三つあり、
 (1)薙刀を使う武道家少女を犯す。
 (2)武道家少女にメイド服を着せ、4Pで犯しまくって堕とす。
 (3)幼なじみの1人、香苗ちゃんが抜け駆け的に主人公へ告白。バージンファック。
 という流れです。
 どれもそれぞれに濃厚で、女の子たちのリアクションや喘ぎも可愛く、そこそこ飽きさせません。こんな娘たちをはべらせて生活したら楽しいだろうなという気分にさせてくれるので、ハレム妄想コメディとしては成功作と言えるように思います。
 また(3)のバージンファックはとても可愛らしい印象で、こうやって放課後の教室で初ハメをやっちゃうカップルも多いんだろうなと思わせられるようなリアリティ(迫力と言っても良い)もあり、個人的に好印象でした。
 ただそうした幼なじみファックも、主人公の奸計によって成されたものであり、そのブラックさには少々後味の悪さを覚えます。
 鬼畜なのはかまいませんが、レイプじゃないんだから、相手の気持ちを全く省みないってのはどうなのかなあ・・・
 ちなみに作画にはややクセがありますが、これは原作ゲームの味に配慮しているのでしょうから、好悪を言っても仕方がありますまい。
 また爆乳キャラばかりが出るわけではないものの、全体にお乳にこだわった作風のため、オッパイ星人の方にはアピール度が増すと思います。
 「抜ける度」は2.5。(彩雲11型)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR