戦乙女スヴィア vol.04 隷属の花嫁

戦乙女スヴィア vol.04 隷属の花嫁
iku-su4.gif(2009)

ストーリー・ロキによって調教され尽くしたスヴィアらは、もはや淫欲を抑えられない身体になっていた。それでも子宮に収められた地下水脈の鍵だけは死守しようと歯を食いしばるが・・・・


 ・シリーズの最終巻で、2009年の夏に発売されました。
 3巻目まででヒロイン2人はほぼ調教完了となっていて、この4巻目では「堕ち」状態を確認する仕上げのような内容になっています。
 エロシーンは、
 (1)フレイアが魔物に犯されてアヘアヘする様を、スヴィアとシグルドが見せられる。2人はたまらず発情状態に。
 (2)シグルドがロキにオ○ンコをおねだり。犯されて子宮から鍵を取り出される。
 (3)スヴィアも陥落。ロキにセックスを求め、子宮から鍵を取り出される。
 (4)ロキは2人のヒロインとその後も楽しく3Pして暮らす。メデタシ目出度し。
 という流れになっています。
 「子宮から何かを奪われる」というシチュは、魂を支配されることを象徴した定番の演出であり、そういうモノがお好きな方には強くアピールすると思います。
 また子宮に収められた鍵は球状のケース(?)に格納されていて、それをオ○ンコから排出するので、ちょっと卵を産んでいるようにも見えます。なので産卵シチュがお好きな向きにも良いのではと。
 以上、エロシーン自体は悪くなく、本巻の「抜ける度」は3とします。
 しかしシリーズ物の最終巻として見ると、どうもスッキリしない視聴後感でもあります。
 それは、シリーズ全体を俯瞰すると、グダグダと展開が平板すぎるからではないかと思います。
 タップリと尺を使い、ヒロインが堕落する様を丁寧に描くのは、ピクシーレーベル作品の大きな美点です。
 しかし、ヒロイン捕まる→ヒロインアヘアヘになって主人公(悪役)メシウマ!というだけのシノプシスでは、4巻120分という尺を支えるのにはあまりに弱すぎます。
 そういう単純な堕ちモノを見せたいのであれば、「ヴァルキリー2」のように尺は半分で濡れ場だけを見せれば良いのであり、本シリーズのような長尺を用いるのなら、さらなる逆転劇その他を盛り込んでドラマ性を増すべきだったと思います。
 濡れ場のテンションや作画が悪くなかっただけに、そうした文芸の思い切りの無さが、シリーズをイマイチピリッとしない、凡庸なイメージに見せてしまっていることは残念に思います。惜しい作品です。(彩雲11型)
スポンサーサイト

戦乙女スヴィア vol.03 絶望の輪姦

戦乙女スヴィア vol.03 絶望の輪姦
iku-su3.gif(2008)

ストーリー・スヴィアとシグルドは、かつて守護した街へと連れて行かれた。民衆の前へ引き出された2人は、裏切り者と罵られ、皆から輪姦されてしまうのだった・・・・


 ・シリーズの3巻目で、2008年の暮れに発売されました。
 2巻目までは、ヴァルキリーたちが敵軍の城に幽閉され、そこで魔物たちから陵辱、調教されるという展開でしたが、本巻では舞台を屋外に移し、明るい陽光の下で濡れ場が繰り広げられます。
 スタジオ撮りから一転ロケに出てみました!という感じですが、こうして巻ごとにメリハリを付けようという演出の積極性は悪くないと思います。
 エロシーンとしては、
 (1)スヴィアが夢幻状態で触手陵辱される。
 (2)スヴィアが肉体をコントロールする指輪をはめられ、民衆の見ている前でオナらされる。
 (3)スヴィア、媚薬でチンコビンビンの兵士たちにイラマチオさせられる。
 (4)シグルドとスヴィア、欲情を抑えきれない状態にされ、民衆らにセックスをおねだり、大乱交。
 という流れになっています。
 (2)は一見MCネタのように見えますがそうではなく、スヴィアの意識は正常なのに、行動や言葉が魔法で制御されているという設定になっています。
 シグルドはクリトリスを肥大改造されていて、それがチンコのように作画されているので、ちょっとフタナリネタのような味わいがあります。
 この2人がのべつに「オ○ンコキモチイイ!」「オチンポちょうだい!」と大騒ぎしながら乱れまくるので、痴女モノ、淫語モノが好きな方にはアピールが強いのではないかと感じました。
 逆に言うと、そういうモノが苦手な向きはマイナス評価をしたくなるのではと思われます。
 オイラなんかはまさに痴女も淫語もダメですし、また衆人環視、輪姦というシチュも苦手なので、個人的に本巻にはノレませんでした。
 3巻の「抜ける度」は2弱としますが、上で書いたようにオイラ個人の嗜好に大きく与りますので、淫語、痴女モノ好きの方は3点以上に感じるのではと思います。(彩雲11型)

戦乙女スヴィア vol.02 快楽の罠

戦乙女スヴィア vol.02 快楽の罠
iku-su2.gif(2008)

ストーリー・ロキの奸計により、スヴィアとシグルドも冥府軍の捕虜となってしまった。スヴィアは散々に陵辱され、シグルドも淫らな肉体改造を施されてしまうが・・・・


 ・シリーズの二巻目で、2008年半ばに発売されました。
 本巻ではドラマ的に大きな動きは無く、2人のヒロインが陵辱される様が延々映されます。
 故に見ていてストーリーに引き込まれるということはないですが、濡れ場がずっと続くわけですから、一巻目より実用的であるとは言えましょう。
 そのエロの内容としては、
 (1)スヴィアがブタ兵士たちに散々輪姦される。
 (2)シグルドが小人のような魔物たちにオッパイを吸われて悶絶。
 (3)スヴィアがロキにイラマチオさせられて発情。しかし本番はナシ。
 (4)シグルドが触手のある魔物や魚のような魔物に犯される。さらにクリトリスや膣を肉体改造されてしまう。
 という流れになっています。
 スヴィアは輪姦されてから、ロキの優しげな調教によって籠絡されかけます。つまり精神的に堕とされていく感じです。
 一方のシグルドは、触手や媚薬によってとにかく乱暴に責め抜かれ、身体そのものを変えられてしまう、フィジカルに徹した濡れ場となっています。
 せっかく2人のヒロインが出ているのですから、こうした演出の差別化はとても良いと思いました。
 難点としては、一巻でも述べましたように、ゴツゴツと劇画調の作画であることでしょう。
 凄腕の女剣士だからアスリート体型なのが正解とも言えましょうが、個人的に、どうも見ていてエロっぽさを欠く印象を覚えました。
 「戦乙女ヴァルキリー2」のキャラはカワイイしムチムチでしたが、だからといって戦士に見えなかったということはなく、本作でももう少しカワイイ系に振った方がセールス的にも有利だったのではと感じます。まあオイラの個人的な嗜好ではありますが。
 二巻の「抜ける度」は、一巻よりちょっと上げて2.5とします。(彩雲11型)

戦乙女スヴィア vol.01 二人のヴァルキリー

戦乙女スヴィア vol.01 二人のヴァルキリー
iku-su1.gif(2007)

ストーリー・神族と冥府族の長き戦いが続く世界・・・。ロキ神の裏切りによって神族は総崩れとなり、主神オーディンまでもが捕虜となってしまった。彼が最後の望みを託す戦乙女シグルドとスヴィアは、この窮地を逆転できるのか?


 ・ゲーム原作長編シリーズの一巻目で、2007年末にpixyレーベルから発売されました。
 タイトルから分かる通りヴァルキリーものであり、ブタ魔人たちが戦乙女を陵辱調教するという、このジャンルの定番的内容になっています。
 ヒロインたる戦乙女が2人いて、1人は大柄で肉感的、もう1人は小柄でロリっぽい等、シリーズ独自の味付けも見られますが、ヴァルキリーものには大抵3人くらいのヒロインが出ますから(メインヒロイン、年増ヒロイン、ロリヒロイン)、取り立てて目新しい演出とも言えないでしょう。
 この一巻目はプロローグとしての性格を強く持っており、尺の半分ほどを使って世界観や登場キャラの説明が行われます。
 非常に丁寧で堅実な演出と言えますが、濡れ場のみを最初からガンガンぶつけてくる実用一点張り(笑)の作品が主流となっている昨今では、少々スローテンポだという印象を抱く視聴者も多いと思われます。
 エロとしては、
 (1)フレイアが敵の奴隷にされてアヘアヘビッチ状態。
 (2)シグルドが触手陵辱され、媚薬で母乳噴出状態にされる。
 (3)スヴィアがロキによって処女貫通陵辱。
 と3つの見せ場があります。
 どれもそこそこ濃厚で、尺の割には充実している印象があります。キャラの描き分けも悪くないです。
 ただ些か劇画調に振られた作画は、ただでさえゴツゴツした女戦士をよりマッチョなイメージに見せており、コケティッシュさという点ではマイナスかもしれません。
 一巻の「抜ける度」は2とします。(彩雲11型)

IZUMO(イズモ)二ノ巻 朱の殉情

IZUMO(イズモ)二ノ巻 朱の殉情
isumo2.gif(2003)

ストーリー・我等の住む次元「アシハラノクニ」と対となる異世界「ネノクニ」に学園の校舎ごと転移したヒカルたち五人。それとは知らない彼らは帰路を模索する。本来なら学園の近くにあるはずの小さな森で、スサノオの第二の刺客「桃花」の襲撃を受ける。撃退した彼らは、ある村でヒカルの夢にたびたび現れた美女「アマテラス」との出会いを果たす。


・ミルキーレーベル作品、全五巻。原作は「Studio e・go!」のPC用18禁…これもういいよっと。二巻目にしてようやくスタート地点に到達したばかりの本作品。今回アマテラスと合流したことによって、全ヒロイン(普通は全員出すはずだよね?)が出揃うことに。義妹系の「塔馬 美由紀」、彼女はネノクニに転移した時、みんなと違って普段着だったな。どういう状況…時間の経過があったのかは謎だ。今回の出番は気絶してるだけなので次回に期待。幼なじみ系の「水瀬 七海(ななみ)」、ツンデレ系の「倉島 渚」、お姉さん系の「橘 綾香」、この三人の入浴シーンはあるが、えっちシーンはまだ無い。そして最後の巫女系の「アマテラス」である。あの着こなしでは普通、胸がこぼれそうな気がするが。一方、ヒカルのライバルキャラの「スサノオ」の登場はなかなかにカッコよくて良い。いい男だし、かなり強いみたいだ。見た目はまずまずだがドジこきまくりで三枚目のヒカルとは大違い。ましてや美女系ボスキャラを部下に持つなど、男の格の違いを見せ付けてくれる。それに比べヒカルときたら、女性陣に小バカにされまくりなのだ。からかいやすい相手とも言うか。

・ほぉ、なるほど!これがゲーム本編で言う所のボスキャラ戦&ボス戦クリア後のサービスのえっちシーン(そういう編成であろうね、たぶん。もちろんゲーム自体は触れてすらいない。)と言う訳か!やはりゲーム原作っぽいよな。でもアニメとしての違和感とかこじつけっぽさは今のところ感じられず、割りと自然に組み込まれているように思えた。悪者に操られた精霊が魔物と化して襲いかかってくる。これを撃退、仕留めると後に精霊がヒカルの下を訪れ契りを求めてくる。そして、契りを結んだ精霊は勾玉に姿を変え、ヒカルに力を貸し与える存在となる。結果として彼は「救世主」らしい力を手にする事が出来るというわけか。三ノ巻ではどんなボスとエロイベントが用意されているのか、今から楽しみだ!
 ↑ふっふっふっ…これを書き始めたときは、まだ気づいてないんだよなぁ…これが。ふっふっふっ。まっ、ゲーム触ってないんだから、しゃぁ〜なしだけど。

・今回の名セリフはスサノオの言った「兄妹にしては似ていないな…。」で決まりでしょう。複線込みになるセリフだが。

・なお、パッケージは「水瀬 七海」が飾っているものの、彼女のえっちは次回までおあずけです。だからさぁ、中身と一致させましょうね、このシリーズ。

・抜ける度は2。前回のボスキャラ、楓とのHの回想シーンと新規で今回のボスキャラ、桃花とのHシーンがある。少しは演出とかのレベルが上がってるとは思いますけど。今の所は前回のボスキャラの楓よりも今回登場の桃花のほうが好みです。

・アニメとしてのお勧め度は2。ようやく本編に入った所。これではまだまだきつい。残り3巻だけど、どうなる?ボス戦とHシーンとストーリーの収拾を。ついでに、この巻に今回の予告を入れてもねぇ?それは前巻に入れるべきでしょうが。(輝川流一)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR