スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙われた女神天使エンゼルティアー ~守った人間達に裏切られて~ 女神天使・優理~啼きしゃぶる肉棒おもてなし

狙われた女神天使エンゼルティアー
~守った人間達に裏切られて~
女神天使・優理~啼きしゃぶる肉棒おもてなし

nera-et1.jpg(2014)

ストーリー・女学生の優理には秘密があった。女神天使エンゼルティアーに変身し、邪悪な魔族と人知れずに戦っていたのだ。しかし魔族は狡猾な罠を仕掛けてきて・・・・


 ・2014年にPoROレーベルから発売された作品で、シリーズの1巻目ということです。原作は人気PCゲーム。
 いわゆるヒロインピンチものですが、そうしたもののパターンからちょっと外れていることがウリのようです。
 通常こうしたジャンルでは、正義のヒロインが魔物等に敗れて犯されるという展開になりますが、本作では魔物はあまり表に出ず、魔物の毒気に当てられた一般人がヒロインを犯すという構成になっています。
 星の数ほどあるヒロピンものの中で独自色を出したい、ステレオタイプのヤッツケ作品にしたくないという壮図、熱意は分かりますが、少なくともこのアニメ 版に限って言えば、そうした工夫こそが、はしなくも作品のテンポを損ね、視聴者の食い付きを悪くしているように感じました。
 ヒロインは魔物の毒気に当てられた人々を浄化するため、その欲望、端的には精子を吐き出させようとします。
 そのために手コキをしたりパイズリしたりと奮闘するのですが、それによって男たちはさらにポテンツが上がってしまい、発射した後もヒロインに襲いかかって犯しまくります。
 そうした構成が、つまり本作の個性ということなんですが、ヒロインがレイプされるのに何だってそう色々と手順を踏まなきゃならんのだという気分になってしまいます。
 そもそも散々男たちのチンポをしごくわナメるわしておいて、いざ犯されるとなるや「どうしてこんなヒドイことを!」もないもんです。
 嬢が「ウチは本番はダメだから」と最後だけ勿体ぶってるようなものであり、そんならむしろ、清純なヒロインが最初から力づくで魔物に犯されるというシンプルなものの方が良いよなあと思ってしまう。
 独自色を出そうとするのは良いけれど、それが作品の面白さに繋がらないなら本末転倒ではないでしょうか。
 濡れ場自体のテンションも低く、また作画状態もあまり良くなくて、ビジュアル的なアピール度も弱いことは気になりました。
 「抜ける度」はオイラ的に2。
 続巻での巻き返しに期待したいです。(彩雲11型)
スポンサーサイト

寝取られファイター ヤリっちんぐ!(全三巻)

寝取られファイター ヤリっちんぐ!(全三巻)
neto-f.gif(2010-2011)

ストーリー・悪漢ギールの所有する豪華客船。そこに潜入した愛とサリーは、ワナにかかって囚われの身となってしまうが・・・・


 ・2010年から2011年にかけて、ブートレグレーベルから発売された作品です。
 原作は人気同人マンガらしいですが、詳しいことは浅学にして存じません。
 内容的には、悪の組織に捕らわれたヒロイン(良く分からないが、諜報員であり格闘家でもあるらしい)らが媚薬でアヘアヘにされ、救出にやって来た仲間の男たちの前で延々陵辱され続けるというモノです。
 シンプルで分かりやすいですし、狙っているユーザー層が明確なことも良いと思うのですが、オイラは全くノレませんでした。と言うより、失礼ながら、かなりウンザリさせられました。
 それは本作に責があるというわけではなく、むしろオイラの個人的な嗜好によりましょう。
 と言いますのも本作は、一見ヒロイン捕まりモノジャンル・・・つまり被虐系に見えますが実はそうではなく、逆に痴女がノリノリで大暴れするようなオハナシだからです。
 何しろヒロインたちは最初から媚薬でアポーン状態であり、敵に犯されながら「私のオ○ンコがああなってこうなって、クリがどーたら奥の方がどーたらでアァすげぇイー気持ち!」と、詳細に解説しながら大騒ぎ。
 仲間の男たちも「おおアイツのあんな姿を見ているとオレのティンコがどうしてこうしてグワー射精が止まらねえ!」とか何とか負けずにハシャギまくります。 
 視聴している方としましては、それで興奮するどころか、「ああそうですかキモチイイですか若いって羨ましいですなあ」などとドッチラケる一方で、しまいには縁側でお茶をすすりたいような心境にさせられました(^^;)
 何と言いますか、スベってばかりのつまらない芸人が、ギャーギャー空テンションで騒ぎ続けているだけみたいな印象で、エロとしての本質部分が空疎に思えました。
 とは言え、こうした勢いで見せる痴女モノがお好きな向きにはアピールしましょうし、作画もややクセはあるけれど平均クラスですから、ダメというのではなく、見る人を選ぶ作品なのではないかと感じます。
 オイラ個人的には「抜ける度」は2弱です。(彩雲11型)

ネトラレ 田辺優香の独白

ネトラレ 田辺優香の独白
netora.gif(2010)

ストーリー・田辺優香は美しく貞淑な若妻だ。ささやかな幸せに満足して暮らす彼女だったが、ある日暴漢に押し入られて・・・・


 ・ちちのやさんから2010年に発売された作品です。
 まず最初に申し上げてしまいますと、大変失礼ながら、本作は「エロアニメ」と呼べるほどの内容ではありません。
 なるほど所々でキャラが動くシーンはありますけれど、多くのシーンでは止め絵が使用されており、「アニメ」を見たという実感が希薄なのです。
 キャラ同士が会話をするシーンもなく、ヒロインのCVが延々独りで喋り続けるという構成も、作品の「紙芝居」的印象に拍車をかけています。
 ストーリーも陳腐極まりなく、ムチムチ爆乳だけど貞淑な若妻が暴漢に犯され、イヤなのに感じちゃってアアーンという類型的なモノ。
 シンプルで分かりやすいのは結構ですが、ただそれだけの内容をエロアニメとして見せきるには、やはり動きやカラミの面白さが必要なはずです。しかるに本作はほとんど動きませんし、修辞だらけのセリフでクドクド説明されるだけの展開ではどうしても退屈してしまいます。
 冴えない作品だなあとクレジットを見てみたら、監督としてあの早川ナオミ氏が関わっていることが分かり、またこの人かとウンザリしてしまいました。
 氏についてはいつも個人攻撃的なことを書いてしまって恐縮なんですが、何の新味もないステレオタイプのお話しを、やたら勿体ぶって語ろうとする作風には辟易させられてしまいます。 
 「ちちのや」レーベルについては、オッパイにこだわったユーザーの絞り込み、コンパクトで安価な商品展開等、意欲的な取り組みを高く評価しているだけに、早川氏を「巨匠」などと持ち上げてのシリーズ展開にはちょっと「?」な気分にさせられました。
 それはレーベル独自の味をスポイルすることにもなってしまいますし、そうするだけのネームバリューが早川氏にあるとも思えないのですが(重ねて失礼)。
 「抜ける度」は1.5。
 キャラや作画自体はそこそこ可愛くて綺麗なので、人妻のボイスドラマを絵付きでちょっと楽しみたいという人には良いかもしれません。(彩雲11型)

熱砂の惑星2 性の牝犬ケイト

熱砂の惑星2 性の牝犬ケイト
kite2.jpg(1997)

ストーリー・惑星ドゥネの連続女性失踪事件を調査中、自らが組織の虜になってしまった女捜査官、ケイト。彼女を捕らえた組織員ブリックは、彼の妻と称するキャシーという女性にケイトを調教させるが・・・


 ・第1巻を上回るヌルめの展開にウンザリしてしまう第2巻です。
 せっかくのヒロイン調教ものなのに、ケイトは最初から奴隷扱いにノリノリです。どういう女でしょうか。
 そもそもこれって一体、どういうドラマを作るつもりだったのでしょうか。自分をレイプした男に運命的な絆を感じてしまうというドラマはよくありますし、本作もそれが眼目だったのかもしれません。しかしそれなら、わざわざエージェント捕まりモノなんかにする必要はなかったでしょう。何より「堕ちていく」というセンスが全く感じられないのは興ざめです。
 ラストは何やら純愛モノ風ですが、つくづく捜査官の器じゃなかったケイトちゃんだなあ。
 ところでこの2巻からは、ケイトのCVが天野由梨氏から本間ゆかり氏へ代わっています。天野さんファンのオイラとしてはショックですが、でもこんな作品ならまあ良いかなという気も。(^^;)「抜ける度」は1です。(彩雲11型)

熱砂の惑星 女公安官ケイト

熱砂の惑星 女公安官ケイト
kite1.jpg(1997)

ストーリー・宇宙社会のオハナシ。新米公安官ケイトは、惑星ドゥネで発生している連続女性失踪事件の捜査にかかった。自ら淫らな衣装を付けてオトリ役になった彼女だが、ブリックと名乗る犯罪組織員によってレイプされ、拉致されてしまうことに!・・・


 ・ビームエンターテイメントという会社が世紀末に販売を行っていたシリーズで、確かピンクパイナップルが制作に噛んでいた記憶がありますが、全く勘違いかもしれません。(老人ボケ)
 原作はナポレオン文庫に葉影立直氏が上梓していた小説で、挿し絵は富士参號氏が描いておられましたが、このアニメは富士氏の絵を参考にキャラを作っているようです。
 内容なんですが、女性エージェントが罠にかかって陵辱されてしまうという美味しい設定なのに、それが全然生かされていない点が多いに不満。
 主人公ケイトは信じられないほどにアホで最初から淫乱という、設定を根本的にスポイルしてしまうような性格付けがされています。こういうストーリーでは、凛としたエージェントがちょっとしたミスから捕まったり犯されたりして、悔しい!イヤ!誰か助けて!ってつー展開じゃないと萌えようがないと思います。
 しかるにケイトは最初から任務そっちのけで二枚目の犯罪者に惚れてしまうし、あげく処女を犯されながらも、イヤなんだか嬉しいんだか分からないヘンなノリ。バカ女が砂漠で誰に犯されようと知ったこっちゃないよという気分にさせられてしまいます。
 オイラは原作をキチンと読んでいないので、この構成ミスが誰のせいなのかよく分かりませんが、被虐モノを作るのか、アホなコメディを作るのか、スタンスをハッキリさせてから制作するべきだったと思います。
 見所としては、やはりケイトが車内ファックでロストバージンするシーンがメインと言えましょうが、あまり興奮できる内容ではないと思います。ただ媚薬を使ったりロータープレイがあったり、一通りの被虐描写はあります。
 そして豪華なことに、ケイトはあの天野由梨氏が演じておられます。(公式にクレジットされています)宇宙刑事役の好きな人だなあ。(^^)
 ちなみにオイラは天野さんが大好きなので、その点はとても嬉しかったです。
 最近ファイブウェイズからビデオ、DVDが復刻されたようなので、未見の方は一度ご覧になるのもよろしいかと思います。「抜ける度」は2くらいかなあ。(彩雲11型)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。