スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぶり家族(前・後編)

どんぶり家族(前・後編)
donburi.gif(2006)

ストーリー・雪子は美しい人妻だ。マジメな夫、良くできた子どもたちもいて、家族は一見円満に見える。しかしその内情は、互いを思いやることのない仮面一家で・・・・


 ・2006年にバニラレーベルから頒布された作品で、同レーベルによる原作公募イベントの第一回金賞受賞作ということです。
 つまりユーザー側が企画にも参加しているわけで、そうしたアグレッシブな試みは、業界の活性化という意味でも大変素晴らしいと思います。
 しかしそれがそのまま作品の面白さに繋がったかというと正直「?」でして、どうも何がやりたいのか良く分からない、あやふやな印象の仕上がりとなってしまっていることは残念です。
 まず拙いのは、作品の世界設定が上手く説明出来ていないこと。
 本作には兄妹が出てきますが、彼らには血の繋がりはないそうで、ということは夫婦それぞれの連れ子か何かと思われ、故に夫婦は再婚なのでしょうが、そのあたりが詳しく描かれないため、何だか見ていてそぞろな気分になってしまいます。
 そこがまずあやふやであるため、「仮面家族が乱交を通じ、共同体として再生する」というドラマの流れまでが分かりにくくなっており、何だかただ家族でやりまくっているヘンなオハナシという印象に見せてしまっています。
 色々業界タブーなどもあって、ストレートな表現はしにくいのかもしれませんが、近親相姦を扱うなら扱うで、「どんぶり」というタイトルにふさわしく、もっと真っ向から取り組むべきだったように思います。
 エロシーンは、爆乳妻が義父に犯されたり3Pに興じたり、兄妹のラブラブHもありと、そこそこに盛り沢山。
 しかし上で書いたようにドラマ構成が混乱しているため、エロとしても何処を見せたいのか、何処で抜かせたいのかということがボンヤリしてしまっています。よって抜き用には使いづらいでしょう。
 ラストは何やらスラップスティック調になったりオカルト調になったりしてドタバタと終わり、最後までピンのボケたような印象を拭えませんでした。
 「抜ける度」は1.5。
 ちなみに作画は中程度といった感じです。(彩雲11型)
スポンサーサイト

トレス・マリアス 3人の聖処女 (前・後編)

トレス・マリアス 3人の聖処女
(前・後編)

tores.gif(2001)

ストーリー・青年医師の不破は、傲岸で思いやりを欠く性格から、開業はしてもサッパリ患者に人気がなかった。ふて腐れる彼の元に、とある島の教会から往診の依頼が入る。修道女の1人が奇病にかかったというのだ。島を訪れた彼は、奇病とは別に、島を覆っている邪教の脅威に気が付く。やがて彼自身の精神にも変調が現れて・・・・


 ・バニラレーベルから発売された作品で、良く分かりませんけどどうやらゲーム原作モノらしいです。
 内容的には、孤島に乗り込んだ鬼畜医師が調査だとか診察だとか適当なことを言って女の子を手当たり次第コマしまくるというアホらしいもので、ゲームというインタラクティブなメディアではそんなストーリーでも良いかもしれませんが、アニメとして見せられるのは少々苦痛です。ぶっちゃけ、見ているこっちの頭まで悪くなってきそうなつまらなさです。もう少しくらいはヒネって欲しいなあ。
 また絵としてもイマイチで、この作品を見ると、アニメというのは画面全体の動きを計算して演出されなければダメなんだなあということが良く分かります。
 具体的に言いますと、例えばペニスを女体に挿入するシーンがあるとします。その場合、ペニスを前後に動かすだけでは「性交」という雰囲気が出ません。つまり挿入の瞬間には女体の方にもリアクションが起きなければ実感が出ない。身体全体がピクッと痙攣したり、股をキュッとすぼめたりというヤツですね。
 ところがこのアニメではまさにペニスの前後運動だけがアニメートされていて、女体の方の反応は声でしか演出されていないため、見ていてちっとも実感が湧かず、ゆえにドラマの中に引き込まれもしないのです。「おおっ、エッチだなあ!」という気分にならないのですね。
 エロというのは理屈で見せるものではなく、まず人間のセンシティブな部分、もっと言えばリビドーに訴えないとならないのですから、こういう絵としての演出には脚本以上に気を遣ってもらいたいものです。声優さんが真面目に演技をしているのが気の毒ですよ。
 本作の良い点はというと、5人の女性キャラが変わり玉的にエロを演じてくれるところでしょう。1時間の尺で5人ですから当然エロは分量的には多いですし、それぞれのキャラもそれなりに書き分けられているのは良いと思います。また熟女シスターによる攻撃的なエッチもありますので、そういうのがお好きな人には良いでしょう。
 ヒロインは最後にオマケみたいな和姦シーンが挿入されている沙月ちゃんということになるのかもしれませんが、オイラ的には健気でイジらしい看護婦のめぐみちゃんが可愛いと思いました。
 「抜ける度」は2としておきます。(彩雲11型)

奴隷戦士マヤ(全2巻)

奴隷戦士マヤ(全2巻)
doremaya.jpg(1996)

ストーリー・平凡な女子高生、水谷マヤは、怪しげな魔術師によって異世界へと送り込まれてしまう。そこでは肉奴隷としての凄惨な陵辱と調教、そして肉体改造にさらされる運命が待ち受けていた!


 ・このどんと氏の人気マンガをクールディバイシスシリーズとしてアニメ化したものです。
 原作者のこのどんと氏は、あまりにもヘッポコな出来映えに日本のアニメ界に絶望したなどと述べているそうですが、エロアニメとしては十分に水準作なんではないかと思います。もっとヘタレな作品はいくらだってありますぜ。
 ストーリーとしては原作の序盤をまあまあ忠実にサポートしています。尻切れトンボな終わり方ですが、原作だってテンションが下降し始めたあたりで中断されているので、特に責められるような問題でもないでしょう。
 触手責めとか奴隷調教とかフタナリ改造とか寄生虫支配とか、お約束の展開がダラダラ続きますが、どれもキッチリツボを押さえてあるのでそこそこ飽きさせません。調教師エルザとのカラミ(Vol・2)なんかなかなか良いです。
 西○さんのCVは全くエロアニメ向きではないと思いますが、一生懸命演じておられる感じなのが好感が持てます。ア○○スの濡れ場なんか滅多に拝めないぜ!とポジティブに考えて楽しみましょう。
 「抜ける度」は3くらいでしょうか。(彩雲11型)

奴隷介護(全三巻)

奴隷介護(全三巻)
dorekai.jpg(2002-2003)

ストーリー・人里離れた老人介護施設でアルバイトをすることになった青年、庸介。同僚は若い女の子の介護士ばかりで心浮き立つが、同時に何か不穏な気配も感じ取るのだった。彼は思わず独りごちる。「ここは何か、変だ!・・・」


 ・シルキーズというメーカーさんのPCゲームをアニメ化したものだそうです。
 アニメのレーベルはチェリーリップスさんで、乱交太郎、天地悠大、Dr.POCHI、金澤勝眞という大御所連が制作に名を連ねています。
 作品内容は、山奥の介護施設という一種閉鎖環境に主人公が囚われてしまい、そこで起こるエロエロな怪事件にビックリしたり逃げたり戦ったりついでにオ○ンコもしたりという良くあるヤツで、つまりは「館モノ」のバリエーションと言えるかもしれません。
 かようストーリー的にはあまりにステレオタイプかつ陳腐なんですが、導入部はなかなかにサスペンスフルな雰囲気が出ており、「おっ、この先どうなるのかな?」という迫力があるのは良いと思います。
 しかしそれも一巻目までで、二巻目ではすっかりテンションが切れてしまい、ズルズルとエロシーンが続くだけの平板な展開に堕してしまいます。するといきおい、オハナシの安っぽさや登場人物の大バカぶりばかりが際立つ印象となってしまい、視聴者をドラマで楽しませる力を失ってしまったのは残念です。
 また悪党共の扱いにもメリハリを欠いており、ただ何となく下卑てて悪いヤツらというボンヤリしたイメージになっているのは作劇上マイナスでしょう。
 もっともっと凶悪で酷薄で変態野郎共という演出にしておき、それをラストでボコボコにしてやれば痛快だったと思うのですが・・・
 エロシーンは非常に多く、それぞれに濃厚なSM調です。ゲーム原作モノらしく、プレーンな可愛い子ちゃん、マニッシュギャル、メガネっ娘、ロリと、キャラのバリエーションが揃っているのも楽しいです。
 オイラ的にはヒロインとロリとの百合シーンが良かったですが、そこは見る人それぞれの好みで楽しむのが吉でしょう。ちなみにメガネっ娘のCVが非常に素人臭いんですが、それがかえってリアルな迫力を出しており、エロの声ってのは下手でも使えることがあるんだな~と思わされました。
 「抜ける度」は2。
 全体に可もなく不可もない平均作という印象ですが、破綻のない堅実な造りなので、SMものの好きな方は見てみても良いのではないでしょうか。作画は中の上くらいかな。(彩雲11型)

奴隷市場 SLAVE3「Myia(ミア)」

奴隷市場 SLAVE3「Myia(ミア)」
drai3.gif(2002)

ストーリー・ビアンカ、セシリアとの度重なる別離に落ち込むキャシアス。心配したファルコは彼に新しい奴隷を贈った。彼女の名はミア。ノドを傷付けられて声の出せない彼女を、キャシアスは散々に虐待する。最初から人間として扱わなければ、もう奴隷を失っても心が痛むことはないのだと。しかし・・・・


 ・シリーズの完結編です。さすがに3巻目ともなると展開はマンネリ気味なのを否めませんが、ではつまらないのかと言えば全然そんなことはないです。この哀しいお話しを最後まで高いテンションで見せきる手腕は見事です。
 今回のヒロイン、ミアちゃんはこれまでに増して「良い娘」であり、それだけにその運命の悲惨さが際立ちます。
 相変わらずクズ人間のキャシアスは彼女を虐め抜き、オシッコの中にパンを投げ込んで「食え」と命じるなど完全に暴走モード。しかしミアちゃんは彼のそんな行為にすらペコペコ謝意を表すのです。キャシアスはその姿に打たれて思わず彼女に詫び、償いを誓うのですが、このシーンはなかなか感動的でした。
 エロシーンはほぼ全編に渡り、結構濃厚です。ミアちゃんは犯されまくりますし、排便などのスカシーンもあります。しかしエッチな気持ちになるかと言えば、少なくともオイラ的にはそうではありませんでした。と言いますのも、ストーリーがあまりに可哀想すぎて、脳がエッチに働かないのです。その代わりに別の色々なことを考えさせられました。
 これはあくまでアニメでありフィクションですが、扱っているテーマは現実世界でも人類が普遍に直面しているものです。つまり世の中にはなんと多くの理不尽な不幸が降り積もっているのだろうかということです。
 戦災や、奴隷制度を始めとする残酷な因習・・・我々はいつまでそれに向き合わなくてはならないのか。
 この物語のヒロイン達も何ら罪を犯したわけではない。むしろ人並み以上に優しく純真な娘たちばかりでした。その彼女たちに何故幸福が約束されないのか。神の視座からすればそれも正義の一部なのでしょうか。人は永遠にこうして原罪を清算せよと?
 現世がそうであるならば、幸福はここでは決して得られないとでも言わんばかりに、キャシアスたちの魂は安息の地を天に求めます。至福の表情で絡み合う4人を映し出すこのラストシーンは、あまりにペシミスティックではありますが、それ故激しく胸に迫ります。まことにお恥ずかしい話ですが、オイラは思わず泣いてしまいました。
 かよう本作はエロとしてやや弱い部分もありますが、エロアニメでもその文芸部分のみで人の心を打てる場合があるのだという証左として強く推したいと思います。エロエログチャグチャやりまくりの脳天気な作品ももちろん楽しいですが、こういうストーリーで魅せる作品もたまにはないとつまらないと思うからです。文化は多種多様でこそパワーを増すのですから。
 3巻の「抜ける度」は2とします。しかしエロさは別として、その全編を貫く深い哀調は一度味わってみても決して損はないと思います。力作。(彩雲11型)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。