スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DISCIPLINE 零(前、後編)

DISCIPLINE 零(前、後編)
disipu-0.gif(2010)

ストーリー・聖アルカディア学園の支配者として闊歩するドSの森本姉妹! この物語は、彼女らの支配が始まる前日譚を描くものである・・・・


 ・2010年にWhite Bearレーベルから2巻構成で頒布された作品です。
 以前に長十郎様が評してくださった「DISCIPLINE」のビフォーストーリー的内容であるらしいですが、別に原作ゲームがあるわけではないオリジナル企画のようです。
 オイラは本家「DISCIPLINE」は見たことがないのですが、オリジナル外伝であれば本家を知らなくても大丈夫だろうと思い、またグラマーなキャラが散々緊縛されているサンプル画にも惹かれて見てみることにしました。
 しかし予想と違い、本家に出てくるのであろうキャラが大勢出演しますし、彼らのキャラ性を視聴者が既に知っている前提で語られるシーンも多い。
 いきおい、オイラのようにいきなり本作から視聴した者にはピンと来ない部分も多々あって、いささか置いてきぼりな心境にさせられました。
 つまり本作は、やはり本家「DISCIPLINE」のファン向けに作られたサービスフィルムの色合いが強いと思われ、最初から見る人を選ぶのではないかという気がします。
 エロとしては、女の子を縛って犯して浣腸して屈服させてという鬼畜調教モノの要素が強い一方で、男の子が縛られてチンコをイジめられたりというシーンもあるため、S嗜好の人だけでなく、M男クンにも楽しめる内容になっています。
 しかしいずれのシーンでも、人をマジでいたぶり尽くすと言うより、どこか脳天気でコメディ調の空気が感じられ、陰惨さがあまり無いのは個人的に良いと思いました。
 作画はまずまずですが、女の子でもかなりマッシブな体型に描かれており、柔らかさや可憐さが感じられないことには好みが分かれましょう。
 「抜ける度」は2.5とします。(彩雲11型)
スポンサーサイト

テレパシスト愛Q315

テレパシスト愛Q315
tere.jpg(1985)

ストーリー・異世界サイキックで、ミダラ教の教祖ダミアが復活した。地球も支配しようと企むダミアは、エネルギーを求めてIQ300以上の少女を狙う。サイキックの戦士ジョリーに協力を頼まれたカオリは、囮となってミダラ教本部へと向かった!


 ・オールプロダクツというところが制作していた初期のエロアニメ企画に「リトルマーメイドシリーズ」というのがあり、本作はその第2弾。
 いや~、何ともバカらしい内容です。(笑)
 作画のチープさと、お話しの荒唐無稽さ、強引さに、見ていると発狂しそうになるが、まあこういうのもたまにはあってもいいかもしれない。
 いちおう囮捜査というか、女スパイ潜入ものみたいな展開なので、カオリちゃんが捕まってエロエロ虐められる場面が多く、そこそこエッチとは言えるかもしれない。ダミアは触手モンスターなので、そういうのが好きな人には良いだろう。
 しかし見ていてちっともやらしくないのは何故なのかなあ。やっぱ全体にチープすぎるからだろうか。
 それにしても、世に不思議オメコは数あれ、中から仏様が顔を出すオメコというのも珍しい。ハッキリ言って爆笑です。
 それとサイキック戦士のジョリーだが、こいつどう見ても悪人としか見えないんだが。
 カオリや少女たちに戦わせておいて、自分は最後にトドメを刺しに出てくるだけって、それでも男かお前は!
 カオリに向かって、「IQ300以上のフリをして忍び込んでくれ!」って言うのも相当失礼だと思う。大体どうやって「フリをする」んだ、IQ300。
 全編こんな調子のお笑い作品であるが、初期のアングラ作品のノリを知るには恰好かもしれないな。それとカオリの声は、アダルトアニメにおいては大御所の方が演じている。「抜ける度」は1.5。(イボイボ)

DETECTIVE(ディテクティブ)file.1~禁断の愛

DETECTIVE(ディテクティブ)file.1~禁断の愛
diti.gif(1999)

ストーリー・山私立探偵東野は、ある日少女が暴漢に襲われている現場に出くわし、彼女を救った。少女は秋本彩音という資産家令嬢だった。驚いたことに、東野は彼女の兄に瓜二つだという。その兄は行方不明となっており、背後には遺産相続にからむ陰謀があるようだ。迷った末、東野は彩音を守るために秋本家へ潜り込むことを決意するが・・・・


 ・世紀末にビームエンタテイメントを版元として発売された作品で、深田拓士氏のコミックスが原作です。アニメ版の制作はあのあかとんぼですね。
 見てみて思いますのは、一体何を考えてこんなもの作ったのだろう?ということです。要するに、失礼ながら、ぶっちゃけつまらなすぎます!
 ストーリーにはビックリするほど何のヒネリもありませんし、キャラも全然つまらない。その上オチがどうしようもないんですから見るところありません。大体ヒロインが基地外っていうのはどうかと思うなあ。
 エロシーンはそこそこ多いですがテンションが低く、あまり興奮できるような内容ではありません。緊縛レイプとか色々ありますが、女性側のリアクションがヌルくてちっともノレないのです。しかも作画が悪く、女の子が可愛く見えないのが難ですね。
 アニメにしようという企画が通るのですから、原作のマンガは面白かったり人気があったりしたのかもしれません。しかし少なくともこのアニメ版はダメダメです。30分を無駄遣いした気分になってしまいました。
 「file・1」としてシリーズ化を目論んでいた節がありますが、その後続きが発売されていないところをみると、市場の評価もきっと振るわなかったのでしょう。
 「抜ける度」は1.5です。(彩雲11型)

DISCIPLINE ディシプリン(全六巻)

DISCIPLINE ディシプリン(全六巻)
disipu.gif(2003-2004)

ストーリー・早見拓郎は、編入生として聖アルカディア学園にやって来た。美しい女生徒ばかりの学内に浮かれる拓郎。しかし学園は、恐るべきS悪女、森本姉妹によって支配されていたのだ!


 ・このアニメはActiveのゲームを原作にしています。
 私はActiveのゲームはあまりしたことがありません。(他にはBible Blackとねがぽじだけです)しかしActiveのゲームの絵師をしていた聖少女絵師の絵は好きです。この人はBible Blackの絵師もしていた。
 聖少女絵師の特徴は巨乳がうまいということが大きいです。DISCIPLINEも巨乳のゲームという特徴ですがキャラは全員巨乳といってもいいです。
 このゲームはアドベンチャーですが主人公に特徴がある。それは主人公の男子がどんどんSEXをしていくが、それは女子から襲われたりしてすることが多い。だからMの男子に向いたゲームと言えるかも知れません。
 アニメはゲームとストーリーはあまり変わりません。主人公が女子にどんどんSEXされていき、最後の方で学園の女王様のようなキャラと戦いに行きます。
 アニメがあまり良くないのは絵があまり上手くないこと。
 顔とかは聖少女絵師に似た感じに書いてありますが身体がかなりたくましい感じになっていて好みではない。これはゲームのファンの人は嫌だと思うかも知れません。
 それからゲームの方はかなり変態のようなシーンも多いですが(ホモのようなところとか、精子を食べたりする)アニメはそういうシーンはあまりない。しかし変態が好きでない人はアニメの方が良いでしょう。
 このアニメは6巻もあって長いが抜けるシーンはあまり無いと思う。しかし巨乳の好きな人には向いていると思います。抜ける度3です。(長十郎)

DISCODE 異常性愛 Part-3

DISCODE 異常性愛 Part-3
disco-3.gif(2005)

ストーリー・二葉は不良たちに陵辱され続ける毎日を送っていた。一方で鏡華からも奴隷調教を受け、精神も身体も支配されていくのだった・・・・


 ・一巻のふたなり女子がまた主人公になる。最初女子はおとこたちにレイプされていた。しかし女子はかなり淫乱になってきて気持ちよくなっていった。そしてふたなりなので射精もしてしまう。
 つぎに女子はまた後輩の女子に調教された。女子は貞操帯をされて責められた。そしてかなり興奮してしてしまう。
 そして女子は好きな男子と告白して恋人になった。女子はうれしくて泣いていた。そして二人はセックスをする。女子ははずかしがったが興奮して何度もセックスしていった。
 しかし女子はまた不良たちにレイプされていった。そして気がつくととなりで後輩の女子と好きな男子がセックスをしていた。女子は驚いて気が狂ってしまう。そして気が狂った女子は裸で町を歩いていった。それで終わりだがかなり悲しい終わり方だったと思う。
 このアニメは女子がみんな淫乱だが最後はふたなりの女子に同情する気持ちになった。ストーリーはかなり面白いと言える。三巻の抜ける度を3にする。(みのり)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。