スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOWER of Etruria vol.1

TOWER of Etruria vol.1
tawa.gif(2003)

ストーリー・騎士アルビオンは、魔術師エトルリアによって塔に幽閉された王女セシリアを救出に向かう。彼女を救えば妃として与えるという約束を王とかわしたからだ。首尾良く塔の最上階に達したアルビオンだが、そこに待っていたのは・・・・


 ・ひよひよ氏のマンガ原作をミルキーがアニメ化したものです。
 まず本作は「看板に偽りアリ」的な作品であることを申し上げておきましょう。と言いますのも、パッケージを見ますとヒロインのセシリア姫が触手や何やらで陵辱されている図版が多数載ってまして、アオリにもそれらしい記述があります。で、「お姫様陵辱モノ」が大好きなオイラはやれうれしやとレンタルしてみたのですが、中身はちっともそんなのでなくて、コメディ調のスラップスティックでした。つまりアホなキャラクターたちがナンセンスなドタバタを繰り広げ、その合間にチョコチョコとエッチシーンを差し挟んであるという感じです。
 そんな内容ですから、原作を読んでいないでこのアニメを見た人は「パッケージに騙された〜」という心境になるでしょうし、事実オイラもそう思いましたが、しかしそれでひどく不愉快になったかというとそうでもないのが奇妙なところ。
 確かに期待していた中身とは違うんですが、まあこれはこれで良いかという感じです。ギャグやストーリーは実にありきたりで陳腐なんですが、それなりに楽しい雰囲気が出ていて憎めないと言いますか。チンチンへの訴求力は無いに等しいですが、たまにはこんなのを気軽に見てみるのも良いかも知れません。
 気になるのは作画で、ミルキーのいつものレベルからすれば特に不良というわけでもないんですが、シーンによっては女の子の体型が実にヘンな感じでへこみます。ズドンとした幼児体型でしかもデブという、信じられないような体型の作画になることが何度かあります。これはもしかして原作の味なのかな?触手シーンもありますがエロさはほとんどありません。「抜ける度」は1ですが、脳天気で罪のない作品と言えると思います。
 ちなみにシリーズものの一作目という体裁ですが(ラストに「続く」と出ます)、ミルキーのカタログではシングル作品に分類されており、続編は打ち切りになったのかもしれません。(彩雲11型)
スポンサーサイト

堕落 女教師破壊 〜下巻〜

堕落 女教師破壊 〜下巻〜
daraha3.gif(2002)

ストーリー・再び反撃に転じたキリコは、三人組に重傷を負わせ、その場を逃れ出た。しかし先に負傷させたレイプ犯仲間2人が復帰し、またも彼女を捕らえてしまう。5人となった暴漢に輪姦され、遂にキリコは・・・


 ・シリーズの最終巻です。
 冒頭、イラマチオをさせられていたキリコ先生が相手のチンコを噛みちぎりかけ、次いでもう1人の目玉を突いて失明させるというショッキングなシーンから始まります。
 しかるにその後の展開はまたぞろグダグダで、再び縛られた彼女が輪姦される様と、過去にもレイプや痴漢の被害に遭ったという回想シーンがサンドイッチ的に配されてハイオシマイ。
 本巻独自のエロシチュとして、浣腸、脱糞がありますが、それが被虐性を出していない上、オイラは個人的にスカがダメなので、興奮するよりも逆に萎えてしまいました。
 さて、シリーズを通巻で評価しますと、
 (1)山場も何もないダラダラした展開。
 (2)キリコ先生が、激しい官能に煩悶しながら堕ちていくというカタルシスに乏しい。
 (3)レイプ魔たちのベシャリがグダグダとウザイ。
 という三点で、ああエロいなという気分にはなれない凡作と感じます。
 そもそも原作が退屈な作品なのかもしれませんが、ならばアニメの方で演出をもっとシャープにしたりという努力が欲しかった。
 具体的に改善するべき点を挙げますと、まず尺を縮めて冗長な印象を無くし、その分エロのテンションを上げるべきでした。
 またキリコ先生が堕とされるという展開に説得力や迫力を持たせるために、媚薬投与などの工夫をするべきだったと思います。
 本作では、逆にレイプ魔たちが自身に媚薬を打ってポテンツを上げるのですが、そんなんでウハウハ言ってる変態どもなんか絵として見たくないですよ。
 三巻の「抜ける度」は2。
 ちなみに作画だけは、相変わらず(ファイブウェイズ作品としては)まずまずです。(彩雲11型)

堕落 女教師破壊 〜中巻〜

堕落 女教師破壊 〜中巻〜
daraha2.gif(2002)

ストーリー・反撃も空しく、再び捕らわれたキリコは、覆面レイプ魔たちの指マン三所責めによってイカされてしまう。遂にキリコが堕ちたと踏んだレイプ魔たちは、いよいよ本番行為に及ぶのだが・・・


 ・シリーズの二巻目です。
 大暴れも空しく、再び縛り付けられてしまったキリコ先生が、まず指マンでイカされ、次いで犯されて、さあどうしましょうというのが本巻の内容です。
 それだけですと平板になることを懸念してか、キリコ先生の過去回想が、イメージ的に何度も挿入される形となっています。
 しかしそうした工夫も空振り気味で、見ていて非常に退屈な印象。濡れ場と回想がダラダラダラダラ続くだけという感じです。
 キリコ先生のリアクションもおざなりでワンパターン。身悶えながら堕ちていくという迫力を欠いています。これじゃなあ・・・
 一方で美点としては、作画がかなり良いことが挙げられましょう。ファイブウェイズ作品としては群を抜いて高品質です。
 クレジットでは「アニメアンテナ云々・・・」と出るので、その後のPIXYスタッフが関わっているのかもしれません。そう思ってみると、絵柄や動画の感じは「レイ&風子」とよく似ています。
 二巻の「抜ける度」は2。(彩雲11型)

堕落 女教師破壊 〜上巻〜

堕落 女教師破壊 〜上巻〜
daraha.gif(2002)

ストーリー・女教師キリコは、放課後の校舎内で覆面の5人組に捕らわれる。正体不明の男たちは、過去にも女教師を陵辱してきたのだ。しかし格闘技に通じたキリコは容易に責めに屈せず、反撃を試みる・・・。


 ・風船クラブ氏のマンガ原作をアニメ化したものらしいです。
 気の強い女教師を拘束して調教していくという美味しいネタなのですが、例によってファイブウェイズらしいチープな仕上げで、ちっともエロい迫力が出ていないのが残念。何だかヘッポコな作画の方に気が行ってしまって、やらしい気持ちになってこないのです。
 キリコ先生も気丈なのは良いのですが、レイプ魔の骨はへし折るわ、縛られた建物の梁は引っこ抜くわと暴れられると、何だかちょっと引いてしまう。超人ハルクかあんた。
 本巻のクライマックスは開脚縛りでのクリ責めなんですが、ここも何だかバンク画ばっかりのぞんざいな作りで興ざめ。だいたいクリが大きすぎると思うなあ。まるでチンチン。
 ってわけで、エロいとか何とか言う前に、根本的なチープさでダメを出したい気分です。もっとも、「強い女」ものが好きな人は楽しめるかもしれません。「抜ける度」は1です。(彩雲11型)

堕楽(前・後編)

堕楽(前・後編)
dara.jpg(2000)

ストーリー・高校生の信次は、最近噂になっている地下サイトで、同じ高校に通う女生徒達のレイプ映像が公開されていることを知って衝撃を受ける。その彼に里志という生徒が接触を図ってきた。学内レイプの同志にならないかと!・・・


 ・バニラレーベルから発売されたアニメで、人気18禁ゲームが原作なのだそうです。
 内容的には可もなく不可もない学園レイプものという感じですが、どうも全体的にテンションが低く、見ていてエッチな気分になってこないのは困りものです。
 ストーリーはカッチリとまとまりがありますし、色んな女の子を次々に犯していくという変わり玉的な構成も悪くないのですが、エロシーンに最も大切な「ノリ」が悪く、おおっ!と身を乗り出してしまうようなイヤらしさがありません。これではやはり興醒めです。
 また主人公に全く主体性が無く、自ら事件に関わりながらもどこか傍観者然としているため、視聴者としては感情移入のしどころが無くて戸惑ってしまいます。つまり全体的なドラマ構築をもう一工夫するべきだったと思います。
 女の子はかなりたくさん犯されますが(このあたりはゲーム原作故かもしれません)、シーンとしての扱いにメリハリが無く、つまり山場がどこだかハッキリしないのもマイナスですね。何だかオードブルばかり延々続くような感じですが、オイラ的には二巻目で清楚な感じの女教師がレイプされるシーンがなかなか良いと思いました。
 作画はまあ及第といったレベルですが、全体に淫靡さを欠くのが難点です。
 「抜ける度」は2・5としておきます。(彩雲11型)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。