スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも妻を愛してる(全三巻)

それでも妻を愛してる(全三巻)
sorede.jpg(2011〜2013)

ストーリー・ななみは若く美しい人妻だ。優しい夫と二人、円満で幸せな日々を送っていたが、そんな日常に暗い影が忍び寄ろうとしていた・・・・


 ・2011~2013年にかけてこっとんどーるレーベルから三巻構成で発売された作品です。原作はPCゲームで、ジャンル的には人妻寝取られモノというヤツです。
 このアニメ版はちょっと変則的な構成になっていて、ヒロインは1~3巻まで共通(ななみさん)していますが、一貫したストーリーにはなっていません。
 では各巻ごとに別々のエピソードが入っているのかと言えばそうでもなく、1巻はななみさんが完堕ち状態、つまり寝取られ完了でアヘアヘ悶えまくっている様子が描かれます。
 2巻では時系列がちょっと巻き戻り、何故ななみさんが1巻のように寝取られてしまったかという前日譚が描かれます。
 3巻目はガラリと設定が変わり、ななみさんが寝取られる経緯も、寝取る相手も1、2巻とは違う、つまり全く別のエピソードが描かれます。
 こういう変則的な構成によって、視聴者がオッと引きつけられたり面白く感じたりするなら結構ですが、本作の場合はただゴチャゴチャと分かりにくく、まとまりの悪い印象に見せているだけなのは勿体ないと感じました。
 3巻目は30分の尺で完結しているため、1、2巻と比べてキビキビと引き締まった展開であり、この密度で1巻ずつのオムニバスにすれば、かなり印象が改善されたのではないかと思います。
 「抜ける度」は1~2巻が2、3巻は2.5とします。
 作画はまずまず良く、ヒロインのななみさんも可愛いですし、彼女が間男やレイプ魔にセックス調教されて堕ちていく様子も悪くありません。声優さんも熱演ですし。
 それだけに、上で書いたような構成上の難点が残念に思えた作品でした。(彩雲11型)
スポンサーサイト

窓視相愛 ~純愛メロウより~

窓視相愛 ~純愛メロウより~
soushi.jpg(2013)

ストーリー・女子高生の明日香には秘密の楽しみがある。それはネットを使った疑似セックス。しかもそのお相手は、隣の家に住む幼馴染みの亮なのだ。相手に正体がバレないように気を配る明日香だったが・・・・


 ・2013年にPashminaというレーベルから発売された作品で、原作としてコミックスがあるようです。
 内容的には、最高潮にサカリの付いたエロい小娘がいて、それが幼馴染みの少年を憎からず想っているのになかなか素直になれないと。
 そこでネットを使ったバーチャルセクースで交流するんですが、ついにはガマンできなくなって直接ハメてしまうと、ただそれだけのオハナシです。
 好きな相手に好きと言えない少女のツンな心理、その激情が爆発して猛烈にハメまくるクライマックスが丁寧に描写されていますが、どうも全体にチンマリとまとまってしまっていて、アニメ商品としてのセールスポイントに欠ける感があります。
 20年前であればこれでも良かったかもしれませんが、2010年も越えて、こんな地味な話をわざわざエロアニメにしなくてもと失礼ながら思ってしまいます。
 また女子高生という設定なのに、子供を数人産んでるとしか思えないムチムチ山盛りなプロポーションや、処女のクセにアヘアヘ喚きまくるわアナルまで掘って欲しがるわというド痴女ぶりには、それがアニメのデフォルメと分かっていてもちょっと引いてしまいました。
 人それぞれ好みはありましょうが、ムチムチ淫乱女を扱うのなら、それなりの熟女という設定にした方が良かったのではないでしょうか。
 ローション使わずにいきなりブッ刺すアナルセクースも怪我しそうでイヤだなあ・・・・
 作画は崩れもなくそこそこですが、全体に古くさくて垢抜けない印象です。
 「抜ける度」は2。(彩雲11型)

それゆけ まりんちゃん(全三巻)

それゆけ まりんちゃん(全三巻)
marin.jpg(2001~2003)

ストーリー・マッドサイエンティスト鳴滝博士が立案した「日本人保存計画」!それは健康な精子を集めまくろうというものだった。その任務のため、天然お嬢様のまりんちゃんはエッチなメイド姿に変身させられてしまう。負けるな、戦えまりんちゃん!変身を解くためには殿方のお精子を集めまくるしかないのだッ!


 ・コミックスが原作になっている作品だそうで、アチコチのエロ板で「エロい!」「抜ける!」と好評を博していたのを見て、神奈川県のS屋さんからわざわざ中古DVDを取り寄せてしまったオイラは勉強家というか主体性皆無というかどちらにしてもいい年して情けないです。ちなみにアニメのレーベルは大手ピンパイさん。
 本作はジャンル的にはコスプレヒロインものということになるのかもしれませんが、しかしそのヒロインが悪に陵辱されたりというハードなモノではなく、おバカなノリでどうでも良い活躍を続ける、所謂ナンセンスコメディです。
 まりんちゃんは悪(にしか見えない)のキチガイ科学者によってメイド姿のヒロインにされ、元に戻して欲しかったら100人分のスパームを抜いてこいなどとムチャを言われるのですが、その理不尽な運命に特に動じたりヘコんだりするでもなく、結構楽しそうにエロい奉仕に励んでしまいます。
 そのバカバカしい設定とドラマ展開、そしてその中で健気に頑張るまりんちゃんの底なしに善良で朗らかなキャラ性が本作の魅力と言えるでしょう。ただストーリー的にはステレオタイプかつ平板であり、クライマックスもいわばギャグ版「ソープのモコちゃん」という感じなので、見ていて「おっ、次はどうなるのかな?」と乗り出したくなるような迫力は欠いています。
 エロシーンは一巻では少な目ですが、二、三巻では非常に多く、まりんちゃんが拙い性技を懸命に駆使して男たちに奉仕する様が長い尺で描かれます。こういう、純情な娘が目一杯羞じらいながら仕えてくれるシチュがお好きな人には楽しめるでしょう。
 また全体に乳属性の作品カラーであり、ていうか出てくる女性はおしなべて爆乳ですので、オッパイ星人の人にはツボと言えるかもしれません。(同じく乳アニメであるエンゼルブレイドのキャラがチラッと出るので、恐らくはスタッフがかぶっているのかな?)
 陵辱モノが好きなオイラにとっては、期待していたような「ヌケる」作品ではありませんでしたが、しかしヒロインのまりんちゃんがとにかく可愛いので、見ているだけで楽しい気分になるのは価値だと思います。
 「抜ける度」はオイラ的に2ですが、見る人の嗜好によっては遥かに高得点を献じたくなる良作でしょう。作画レベルも総じて高く、好感が持てました。(彩雲11型)

そらのいろ、みずのいろ 下巻 「わたしも……してあげる」

そらのいろ、みずのいろ 下巻
「わたしも……してあげる」

sora2.gif(2008)

ストーリー・水島朝と空山菜摘芽・・・2人の美少女転校生は、弌という1人の男を巡って肉欲に溺れる夏を過ごす。しかしその夏もやがて終わりかけて・・・


 ・シリーズの下巻ですが、上巻を頒布したひまじんレーベルが撤退してしまったため、下巻は「2匹目のどぜう」という新レーベルさんから頒布されました。
 この新レーベルがひまじんさんの残党スタッフ(失礼)によるものなのか、それとも全くの新規立ち上げなのかは良く分かりませんが、少なくとも本作の文芸にはキチンと連続性が感じられます。
 文芸と言いましてもストーリーらしいストーリーがあるわけではなく、全編これヤリまくっているだけなんですが、しかし見終えた後には「物語を見せられた」という印象がシッカリ残ります。
 それは「思い出の夏」・・・かけがえのない時間が滅んでいくことの哀切というテーマが、濡れ場を通してキチンと描かれているからです。脚本家はなかなかキレる人ではないかと唸らされました。
 エロシーンはほぼ尺一杯にありますが、一巻と違って、2人の美少女の対抗心を煽りながら犯したり、またヒロインの方でもそれは承知で楽しんだりというシチュが続きます。
 それぞれに濃厚であり、羞じらいつつも官能に呑まれてアヘってしまうようなエロが好きな方には強力にアピールするでしょう。
 コスも水着ありブルマあり浴衣ありとバリエーションに富み、プレイの丁寧な描写と相まって飽きさせません。
 作画は一巻とは趣が変わっているように感じられました。
 デッサンとレイアウトの巧みさ、確かさで魅せ、画面の印象としてはスッキリしていた前巻に比べ、2巻目ではコテコテに陰影が付けられた、ややクドイ味の作画になっています。
 と言ってもそれが悪いわけではなく、十分以上に美しい作画なので、見る人の好みで評価は分かれるでしょう。ちなみにそうした差違がスタッフの入れ替えによるものなのかは不明です(あるいはオイラの気のせいか?)
 「抜ける度」は3に少し足りないくらい。淫らな季節を美しい絵画として結晶したような佳作として推したいです。
 唯一残念なのは、エンディングの後に付いているエピロークが些か蛇足に感じたこと。
 「滅びるからこそ美しい時間」を描いているのだから、その後にはあえて触れない方が良いのではと個人的に思いました。(彩雲11型)

そらのいろ、みずのいろ 上巻 「ダメ……聞こえちゃう」

そらのいろ、みずのいろ 上巻
「ダメ……聞こえちゃう」

sora1.gif(2006)

ストーリー・主人公、最初弌は高校二年生。水泳部の彼は、転校生の少女、水島朝と激しく肉体を求め合う。しかし同じく転校生である空山菜摘芽も、また弌と痴態を繰り広げるのだった。三人の共有する関係とは・・・


 ・ストーリーやエロシーンの構成などについては下で↓テケメケ様が書いて下さっているので割愛します。
 テケメケ様が高評価をされていますし、色んなエロ板でも非常に評判がイイので、遅ればせながらオイラも見てみました。
 いやなるほど力作です。抜けるかどうかはまた別として、作品の完成度では「ひまじん」レーベルの最高峰と言えるかもしれません。
 ストーリーやキャラ説明を思い切って端折っている本作が、ではどこで視聴者にアピールしようとしているかと言うと、ズバリ「濡れ場への愛!」です。
 単に作画のグレードが高いというだけでなく、構図、動き、色づかい等、全てに演出家の強いこだわりが感じられます。
 例えばオッパイを揉むシーンにしても、その肉の「柔らかさ」だけでなく、「硬さ」までもが表現されている。文章で書いてしまえばただそれだけのことですが、なかなか一朝一夕に出来ることではありません。
 世の中にはリピートばかりのヤッツケなエロシーンしかない作品も多いのに、愛撫によって女体の筋肉がキュッと緊張する様、イクときに腰が踊るように浮く様を、これほど丁寧に描いているアニメは本当に貴重だと思います。
 ストーリーで魅せる作品ではないですから、抜けるかどうかは個人差が大きいと思いますが、そうした高密度かつ上質な濡れ場を見てみたい人にはオススメです。
 「抜ける度」はオイラ的に2.5ですが、その評価とは別に、ポルノ好きの個人としてDVDをコレクションしたくなりました。(彩雲11型)



 ・ひまじんレーベルの作品、原作は同名のパソコンゲーム(Ciel販売)です。

さて内容ですが、ゲームと違い主人公は最所弌と水島朝、空山菜摘芽の三角関係を描いた作品になっています。そのためゲームでもう1人の主人公を演じた海野十三は出ていません。
まず三角関係と書きましたが、どろどろとした内容のものではなく、限られた時間の中で少しでも弌と一緒にいたい、相手を邪魔しようとはしない、そういったさわやかな三角関係の物語になっています。ですのでどろどろとした三角関係を期待される方には少し物足りないものがあるかもしれません。

そういった三人に関係もあってか、モノローグはあるものの時間の殆ど8割以上がエッチに裂かれていてエッチシーンだけを楽しむならば十二分か構成だと思います。またエッチの内容も制服やスク水、浴衣とバリエーション豊富。場所も部室であったり(他の人が入ってきて必死に声を殺そうとする朝が可愛いです)、プールであったり、部屋であったりこれも様々です。前知識なしに見ても十分に楽しめるかなり濃い内容の作品になっています。

エッチの比率は6:4(それ以上かも?)で朝のほうが多いですが、どちらのキャラも質の高いエッチシーンを見せてくれます。絵も綺麗ですし、声、音楽共に問題の見当たらない近年では久しぶりの当たり作品ではないかと。


点数は高く付させていただいて4.0くらい。
絵柄が嫌い、三角関係はどろどろしたものが好き、という方以外は必見ではないかと・・・
実用性は高く十分に抜きどころがある作品だと思います。(himhim)



 ・Cielから発売された同名のPCゲームを“ひまじん”がアニメ化したものです。夏の初めに転校生してきた少女、水島朝(“あさ”という名前)と主人公との関係を描いています。
ストーリーは、最初からいきなり主人公とヒロインは肉体関係にあり、5分程度の回想シーンで主人公とヒロインの馴れ初めをさっさと紹介。残りはひたすらエロシーンというかなり思い切った構成です。
残り十分程度のところで新たなヒロイン棗(なつめ)が登場しますが、これも極々最低限の紹介でさっさとエロシーンに突入。実際、観賞中ずーっとエロシーンを見せられているような印象でした。
この作品の特筆すべきはなんと言っても作画。単純に絵が上手いというのはもちろんですが、エッチ中のヒロインの仕草、ぷるぷると弾む乳房、水着跡や汗までしっかり描かれていて、そしてカット数が多い。…作りが本当に丁寧です。
“ひまじん”は時々こういう非常に高い作画レベルの作品を作る会社で、僕が別のレビューにて作画を高評価している『秘湯めぐり』を作った“Amour”も、この“ひまじん“の兄弟会社です。さすがにこれだけのクォリティを常に保っているわけではなく、時には酷い出来の作品も出します。しかしそれでも大体4本に1本の割合でこういった他社を大きく上回る作画を誇る作品を出してくれるのは大きく評価して良い点でしょう。
ヌケる度は3~4。声優の演技も悪くないので実用性は高いでしょう。(ただし、特殊なプレイは無し)
惜しむらくはちょっとばかしストーリーを削りすぎたかもしれないということでしょう。下手にストーリー重視を装ったせいでエロは薄くなり、しかも尺の関係で結局ストーリーもおろそかになってしまった作品よりは、徹底してエロを描いただけ遥かにマシですが、この作品では逆にストーリーを削りすぎて主人公とヒロインの関係が見えないのです。回想シーンでは転入してきた朝に主人公がしつこくアタックした、ということしか描かれておらず、朝がどういう性格、どういう境遇なのかサッパリなので感情移入しづらいわけです。棗にいたっては「昔から主人公が好きだった」ということ以外は全く不明なくせに、主人公とは愛称で親しげに呼び合っているので「ああ、二人は幼馴染か何かかな?」と、こちらが勝手に推測するしかありません。原作を知っている人ならスムーズに入れるのでしょうが、それ以外のユーザーを置いてけぼりにするのはちょっといただけません。劇中、エロに関しては十二分に描かれていたので、あと5分…いや、3分だけ、キャラクターのバックボーン紹介にあててくれれば、個人的には完璧と呼べる出来でした。(テケメケ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。