スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女戦機ソウルイーター 「復讐の美少女・円城命」

少女戦機ソウルイーター
「復讐の美少女・円城命」

s-e.jpg(2010)

ストーリー・円城命は悪の獣人たちに母を陵辱され、妹をさらわれた。復讐を誓った彼女は、少女戦士ソウルイーターに変身して獣人たちに立ち向かうのだ!


 ・2010年にガールズトークレーベルから発売された作品で、原作はPCゲームだそうです。
 内容的には、いわゆるスーパーヒロイン(魔法少女?)がレイプされるってヤツですが、世界観やキャラの説明を完全にオミットしてあり、あくまで原作ゲームのファンに向けたアニメ化と言えるかもしれません。
 つまり原作のクライマックス(濡れ場)を動かしてみせますよ、ファンの人は見て下さいねという壮図なのだと思われます。
 よってヒロインは尺が始まってすぐに悪の怪人に敗北し、犯され、媚薬注射だの輪姦だのと嬲られまくります。
 そういう割り切った作り方ももちろんアリだと思いますし、実用性特化も結構なんですが、オイラのような一見さんユーザーも少しはいるのですから、全く何の説明も無いというのはやはり商品として不親切ではないかと感じました。
 別にグダグダ前フリをしろというのではありません。ほんの30秒程度のナレーションで設定を説明するだけでも、導入部の印象はずいぶん改善されたのではないでしょうか。
 視聴者としては、そのヒロインが何者で、どんな事情で戦ったりレイプされたりしているのか、少しだけでも分かっていないと感情移入のしようがないではありませんか。
 一方で、肝心の濡れ場は、そういうムダを省いた構成故に尺もたっぷりあり、テンションもそこそこ高くて及第点です。
 ただ作画はイマイチで、特にキャラの表情が一様に硬く、エロチックな雰囲気が出し切れていない点は気になりました。
 「抜ける度」は2.5。
 上記のような理由で見る人は選ぶかもしれませんが、まずまずカッチリと作られた平均作ではないかと思います。(彩雲11型)
スポンサーサイト

新体操(真)(全2巻)

新体操(真)(全2巻)
sin-sin.gif(2005)

ストーリー・ふぶきは義理の姉である羽丘みくを慕っている少年だ。そのみくが行方不明になり、クラスメイトのトモミの家で廃人状態になって見つかった。一体みくに何が起こったのか?・・・・


 ・2005年にディスカバリーレーベルから2巻構成で発売された作品で、原作としてPCゲームがあるそうです。
 これ以前にピンパイさんから発売された「新体操(仮)」と一部登場人物が重なっており、またストーリー的にも繋がりがあるように見えますが、これが正式の続編なのか、あるいはパラレルワールド的な作品なのかは、原作ゲームを知らないオイラには良く分かりません。
 主人公は小柄な美少年で、彼がそのルックスを活かして女装し、女子校に潜入してエロエロな体験をするというのが物語骨子です。
 彼がそんなことをするのは姉を救うためで、姉が廃人化した原因だという「闇の新体操」の神髄を探るのが目的なんだとか。
 実に荒唐無稽でアホらしいストーリーですが、そのアホらしさをアホらしく描くことによってスマートなイメージに見せていた「新体操(仮)」に対し、本作は真っ当なドラマとして構成されており、オイラ的にはそこがあまり好みとは言えませんでした。
 あくまで個人の嗜好ではありますが、たとえば「マジンガーZ」にリアルな考証や味付けをするよりも、理屈など知ったこっちゃない無敵のロボが問答無用で暴れる作品にしてもらった方が楽しいから・・・という感じでしょうか。
 エロとしては、主人公の男子がトモミちゃんにチンコ嬲りをされたり、逆に彼がトモミちゃんや他の女の子をイジメたり調教したりというのが見せ場になっています。
 女装趣味のあるM男クンにも、あるいは逆にSの人にもアピールしようという商品壮図なのだと思いますが、どちらも中途半端になってしまった感もあり、もっと焦点を絞り込むべきではなかったかと思います。
 作画は悪くないですが、全体にスッキリと淡泊な味であり、ネトネト感、淫靡さといった点で弱いのはマイナスと言えましょう。
 「抜ける度」は2とします。(彩雲11型)

新人ツアーコンダクター・里奈

新人ツアーコンダクター・里奈
sin-tour.gif(2004)

ストーリー・里奈は新人ツアコンだ。憧れていた職業ではあるものの、初の添乗を1人でやる羽目になって怖じ気づいてしまう。しかも恐ろしい伝説がある村へのホラーツアーをこなさなくてはならないというのだ・・・・


 ・2004年にミルキーレーベルから発売された作品です。
 オフィシャルのアオリでは「人気ロマン作品をアニメ化!」とあるので、何らかの原作が存在するものと思われますが、それが何かは浅学にして存じません。
 さて本作は、色々な点でほんの少し毛色の変わった作品だと感じました。どんな点が変わっているかというと、
 (1)最近ではあまり見なくなった、単巻完結作品である。
 (2)内容はホラーエロスだが、タイトルやパケ絵からはそれが感じられない。
 (3)これもまた最近ではあまり見ない、AV女優さんのCV参加作品である。
 ・・・・といったところでしょうか。
 (1)はともかく、(2)は商品としてややマイナス点と思われます。
 というのも、パケの表には暴漢に犯されるヒロインの里奈ちゃんが描いてあるだけで、ホラー味など微塵も感じ取れないからです。
 裏面では簡単に内容紹介もありますが、大抵の人は「ああなるほど、新人のガイドさんがレイプされる作品なんだな」と勘違いして購入したりレンタルしたりするものと思われ、それでは「ダマされた」と不愉快になる人もいるでしょうから。
 エロとしては弱く、アホギャル2人がレイプされるシーンがあるくらいで、尺もテンションも十分とは言えません。何よりヒロインのはずの里奈ちゃんの濡れ場がほとんど無いのは困りものと言えましょう。
 ホラーとしてのまとまりはそう悪くないだけに、もっと自信を持って、それを前面に出したセールスをすれば良かったのにと感じました。
 ちなみに(3)で書いたAV女優さんのCVですが、夢野まりあ氏の演技は絶対零度とでも言うべき凄まじい大根でして、呆れるとか不愉快とか言うよりも、むしろ「こんなものすごいモノは滅多に見れない(聞けない)ぞ」とワクワクする心境にさせられました(^^)
 「抜ける度」は2に少し足りないくらい。
 ホラーものがとにかく好きな人、あるいはヘンテコな声の演技(失礼)で笑いたい人などは見てみるのも良いと思います。(彩雲11型)

シオン Vol.04 堕ちた魔法の天使

シオン
Vol.04 堕ちた魔法の天使

sion4.gif(2010)

ストーリー・ウルフガイストとして覚醒した弘樹を抹殺するため、ドール戦士の長がやって来た。その強大な戦力に弘樹は手も足も出ない。彼を愛するようになったシオンはどうするのか?・・・


 ・シリーズの最終巻で、発売は2010年です。
 3巻目を見て、「本シリーズのテーマは主人公のデビルマン化と、彼によるヒロインらの支配を見せることではないか」と予想したのはマチガイではなかったようで、この4巻目では主人公とヒロインらの奴隷調教プレイがタップリの尺で描かれます。
 何しろ始まってちょっとするとそのプレイシーンになり、あとはほとんどの尺をそれだけで押し切ってしまいます。
 故に文芸としてのバランスは甚だしく欠きますが、シーンの内容はそこそこに濃厚でエロいので、かえってその思い切りが気持ちよく思えます。
 二人の爆乳ヒロインが主人公にバキバキ触手責めされ、互いに競わされたりジラされたりして泣き悶える様は、ちょっと「ナチュラル Another」なんかを想起させて面白かったです。
 やはりエロは優等生的にまとまり良く作るより、勢いこそが一番大事だよなあと感じさせられましたが、それだけにシリーズ全体の構成がギクシャクしていることや、ヒロインのシオンをはじめ、キャラクター像の平板さは残念に思います。
 この4巻の「抜ける度」は3と少し。
 ちなみにエピローグ部分は個人的にかなり後味が悪く、ぶっちゃけ蛇足に感じました。
 コメディ要素も強い作品なのですから、あのままハッピーエンドで終わらせた方が美しかったのではないかと思います。(彩雲11型)

シオン Vol.03 隷属の天使たち

シオン
Vol.03 隷属の天使たち

sion3.gif(2009)

ストーリー・危機に陥ったシオンを救ったのは、何とガイストの力を発現させた弘樹であった!彼はガイストを統べると言われるウルフガイストだったのだ!


 ・シリーズの3巻目で、2009年に発売されました。
 3巻目まで視聴して、ようやくこのシリーズが何をやりたかったのかが見えてきた感があります。
 オイラはこれまで、ヒロインの名前がそのままタイトルになっていることからして、本作はステロタイプなスーパーヒロイン陵辱ものなのだろうと思って見てきました。
 しかしそれはどうやら勘違いだったようで、真の眼目は主人公のデビルマン化と、彼によるヒロインらの支配を見せる・・・ということのようです。
 そう思って主人公視点から物語を見直してみますと、主人公がヒロインや敵役をガンガン奴隷にしていくドラマは、なるほどなかなか痛快に思えます。
 それだけに、これまでのダラダラと焦点のボヤけた展開は残念であり、最初から主人公のパワーをもっと強烈に印象づけておくべきだったと感じました。
 エロとしては、ヒロインのシオン、そして敵の女教師が主人公に屈服させられ、「奴隷になります~」なんつって悶えまくる様がたっぷりの尺で楽しめます。故に「抜ける度」はちょっと上がって3。
 作画はイマイチですが、大きな崩れもないのでまずまず安心して見ていられます。(彩雲11型)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
検索エンジン
banner banner banner banner banner banner banner banner
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。